check_box 女性巡査が高速道路で75キロオーバー!?その理由に呆れ。。言い渡した処分にネット上で避難の声続出!! - 最近のリアルガチ

女性巡査が高速道路で75キロオーバー!?その理由に呆れ。。言い渡した処分にネット上で避難の声続出!!

警察官による高速道路で75キロオーバーの速度超過という驚きのニュースです!!

何故このような事になったのか、事件について詳しく調べると共に、その女性巡査についても調査します!





 事件の詳細


新潟県警は3日、高速道路で時速175キロを出して県警車両を運転したとして、県内の警察署所属の女性巡査(23)を道路交通法違反(速度超過)の疑いで新潟区検に書類送検し、併せて同日付で戒告処分にしたと発表した。公務に寝坊し、急いでいたという。

県警によると女性巡査は7月4日朝、警察官の採用リクルーターとしての研修に参加する予定だったが寝坊。同僚2人と共に予定より30分遅く所属の警察署を出発した。

寝坊に責任を感じた女性巡査は「自分に運転させて」と申し出、新潟市内の県警本部を目指して法定最高速度100キロの高速道路を175キロで走行。同僚2人は「遅刻と連絡して急がず行こう」と止めたが速度を緩めず、速度違反取り締まり装置(オービス)に記録されたという。研修には間に合った。

運転した県警車両は一般車両と区別のつかない仕様で、赤色灯はなかった。女性巡査は「自分のせいで遅刻したら皆に迷惑がかかると思った」と供述し、反省しているという。

岡本義美首席監察官は「遅刻しても罰はない。連絡すれば良かったのに」と困った表情を見せた。【南茂芽育】

引用元:毎日新聞

 女性巡査について


名前:不明

年齢:23歳

住所:不明

職業:新潟県警地域課巡査

 顔画像は?


今現在まで調査した結果によると、名前も顔画像も公開されていないのが現状によるところでした。

名前も分からないので、SNSの調査も出来ないのが現状のところです。

新たな事が分かり次第、更新します!



 戒告処分とは?


女性巡査が与えられた処分が戒告処分という事でしたが、その戒告処分とはどのくらいの重い処分なのかをまとめました。こちらです!

公務員の職務上の義務違反に対する懲戒処分(他には免職・停職・減給がある)の中でも一番軽く、職員の服務義務違反の責任を確認し、その将来を戒める処分をいう。 具体的には所属長に呼び出され直接説諭される。

引用元:はてなキーワード

このような犯行をして、まさかの一番軽い処分という事ですが、はたしてこれでいいのでしょうか。。

間違いなくこの対応は、今後問題視されること間違いないように思います。

 ネット上の反応


このような声が世の中で上がってます。

  • 懲戒解雇が妥当だと思う。

  • 事故を起こして民間人が犠牲にならなくて良かった。

  • そんなスピード出して怖くなかったのかな。遅刻して怒られるより、ぶつかって死ぬ方が怖いと何故気づかない?同乗してた人も怖くなかったのかな。むしろ運転手を焦らせてたのかな。こんな運転してる車が近くに来たらこっちが怖いわ。

  • 遅刻しそうだったんで180km出しました。が通じる会社は普通無いよ。

  • みんな、警察がどれだけ身内に甘いか見ておいた方がいいよ。
    この程度じゃ依願退職なんかしないから。

  • この巡査、将来ひどい自己中オバサンになるぞ

引用元:Yahoo!ニュース





今回の事件ですが、コメント欄には容疑者に対する避難の声が多く集まりました。まあ当然の事ですよね、寝坊して遅刻したくないとの理由で、警察官が交通違反(75キロオーバー)。

皆様はこの事件、どう感じたでしょうか?

 まとめ


今回の事件について簡単にまとめてみます!

1. 女性巡査が高速道路で175を出して、道路交通違反の疑いで書類送検

2. 犯行理由は、「研修に寝坊して遅刻しそうだったから」と容疑を認める

3. 犯行は速度違反取り締まり装置(オービス)に記録されており、研修には間に合った模様

酷いものですね。。取り締まる警察官がとる行動ではありません。。

警察官だからというのも当然なのですが、23歳という1人の社会人としてとった行動に、かなり問題ありますね。

まあ普通の会社ならクビになりますね。その一方、この巡査が言い渡された処分は、戒告のみでした。それは、ネット上で身内には甘いと言われても仕方ありません。この判断は、自分達(警察)の首を絞めているとしか思えません。真面目に働いている人達が可哀想ですね。呆れてるでしょう。

処分等に不服がある方は大勢いると思います。

が、この女性巡査がとった身勝手な行動から、一般人の被害者が出なかった事が何よりでした。

どこの会社にでも言えることですが、このような事が起こらならないように、上司が部下を日々教育する必要性を感じますね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする