check_box 星野健次の顔画像やSNS!ホームレスの男性をブロック片で殴る!?有り得ない犯行動機とは? - 最近のリアルガチ

星野健次の顔画像やSNS!ホームレスの男性をブロック片で殴る!?有り得ない犯行動機とは?

出典:NNN

ホームレスの男性をブロック片で殴って重傷を負わせたとして58歳の男が傷害の疑いで逮捕されました。

なぜホームレス?と思いますが、この男の犯行動機は有り得なく、とても許せませんでした。

以下が調査内容になります!

報道内容

11日夜、神奈川・横浜市でホームレスの男性の頭をブロックで殴りけがをさせたとして、58歳の男が逮捕された。男は「刑務所に入りたかった」と話しているという。

傷害の疑いで逮捕されたのは横浜市に住む無職・星野健次容疑者(58)。警察によると、星野容疑者は11日夜、横浜市の石川町駅付近の高架下の路上で寝ていたホームレスの69歳の男性に対し、ブロック片で頭を複数回殴るなどした疑いが持たれている。

2人に面識はなく、男性は頭を骨折するなど全治1か月程度の重傷だという。

星野容疑者はこれまでにも暴行事件などで20回以上逮捕されていて、今回は、警察に自首し、「刑務所に入りたかった」「今の生活よりもそっちの方が良い」などと調べに対し、話しているという。

星野容疑者は容疑を認めているという。

引用元:日テレニュース




容疑者について

名前:星野健次

年齢:58歳

住所:神奈川県横浜市

職業:無職

恋愛:独身

出典:NNN

顔画像やSNS

まず容疑者の情報で皆さんが一番気になるであろう顔画像を調査したのですが、現時点では公開されておらず、特定する事も出来ませんでした。

次にSNSの中で、容疑者のアカウント特定率がダントツで高いFacebookを調査したのですが、アカウントを特定する事は出来ませんでした。

こちらがFacebookの検索結果です!

次にインスタことインスタグラムを調査したのですが、アカウントの特定に至る情報はありませんでした。

最後にツイッターを調査したのですが、登録してあるだけのアカウントが2つありましまが、特定に至る情報はありませんでした。

刑務所に入りたいというくらいなので、恐らくスマートフォンは持ってないかもしれませんね。

有り得ない犯行動機

刑務所に入りたいという思いで、ホームレスの男性をブロック片で頭を殴る。

一般的な事に例えると、家で寝ていたらいきなりブロック片で殴られるという事になりますが想像しただけでめゃめちゃ恐ろしいですね。

なぜ刑務所に入る為に人の命まで奪おうとしたのかあり得ません。

今回は重傷で済みましたが、犯罪の中でも人の命を奪う事なんて絶対許せない事です。

よく自分の刑務所に入りたい願望だけで出来た犯行だなと思った方は多いかと思います。

恐らく男は万引き等の軽度な犯罪だと刑務所暮らしする期間が短くなるためにこの犯罪を犯したと思われますが、今のままではまた出て来ても同じ事の繰り返しになるので、治療する事が世の中の為にも男の為にも一番かと思います。



ネット上の反応

このような声が世の中で上がってます。

  • こういった理由の犯罪はこれから更に増えるでしょうね 罪人に甘すぎて被害者軽視のこの国では

  • せめて、被害に遭った人が加害者に仕返し出来る様にしたら良い。例えば磔にして石を投げつけるとか…。当然の権利でしょう?少なくとも同じ位の苦痛は味わわせたい。だってこの加害者はなんのリスクも犯してないでしょ。

  • 被害者の方が、気の毒すぎる。

  • 昔は刑務所=臭い飯 とか言われてたけど、今ではカロリー管理な食事の上、やっぱり冷暖房の暮らしになっているのかなぁ?

引用元:Yahoo!ニュース

ネット上では、容疑者の男の自分勝手な犯行に怒りを感じている方が多くいるよう見受けられました。

まとめ

1. ホームレスの男性の頭をブロック片で殴る

2. 刑務所に入りたいが為だった

3. 刑務所〈 治療が必要

通常では考えられない事件が発生しました。

よく再犯を犯して、刑務所の往き来をしている人がいますが、この男もそのような感覚なのだろうと思います。

今回の事件はホームレスの男性がたまたまいたからやったと思われますが、そうでなければ通行人に襲いかかっていたのか?と考えるとこれまたとても恐ろしく思います。

元から反省するつもりどころか、居心地が良いとの理由で刑務所に入れるのは税金の無駄遣いなので、このような人間を減らす為の対策が必要かと思います。

このような人間は、何らかの影響で精神的に参っていると思われますので、そこで最善策としては治療するのが一番の改善方でしょう。

最新記事:96歳の母親の遺体を放置したにも関わらず親子と思えない供述とは?







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする