check_box 安永敏幸の顔画像やSNS!同居していた母親の家を放火し死亡させた!犯行動機は? - 最近のリアルガチ

安永敏幸の顔画像やSNS!同居していた母親の家を放火し死亡させた!犯行動機は?

引用元:yourbengo.jp

同居していた息子が家を放火して88歳の母親を死亡させたとして、65歳の息子が放火の疑いで逮捕されました。

近所の住民が燃えている事に気付いたことで、二次被害を抑えられたということでした。

・報道内容

・容疑者について

・顔画像やSNS

・犯行動機

・ネット上の反応

・まとめ



報道内容

22日夜、宮若市住宅1棟が全焼して1人が死亡した火事で、警察は、この家に母親と2人で暮らしていた65歳の息子を放火の疑いで逮捕しました。
警察によりますと、容疑を一部否認していると言うことです。

22日午後10時すぎ、宮若市長井鶴の安永笑子さん88)の住宅から火が出ていると、近くの住民が消防に通報しました。

火はおよそ3時間後に消し止められましたが、安永さんの木造平屋の住宅が全焼して焼け跡から1人が遺体で見つかり、警察は、火事のあと連絡が取れなくなっている安永さんとみて確認を進めています。

警察は、消防とともに現場の状況を詳しく調べていましたが、23日夜、安永さんと2人で暮らしていた息子の安永敏幸容疑者(65)が、自宅に火をつけた疑いが強まったとして、放火の疑いで逮捕しました。

調べに対し「火をつけたら燃え広がったが、放火という認識はなかった」と供述し、容疑を一部否認していると言うことです。

警察が、当時のいきさつを調べています。

引用元:NHK

引用元:TNC




容疑者について

名前:安永敏幸

年齢:65歳

住所:福岡県宮若市長井鶴

職業:無職

恋愛:不明

引用元:TNC




顔画像やSNS

まず容疑者の情報を探るべく、顔画像を調査しましたが、現時点では公開されておりませんでした。

次にSNSの中で、容疑者のアカウント特定率が一番高いFacebookを調査しましたが、アカウントを特定する事は出来ませんでした。

こちらがFacebookの検索結果です!

次にインスタことインスタグラムを調査しましたが、同姓同名のアカウントは存在しておりませんでした。

最後にツイッターを調査しましたが、少数のアカウントが存在しているものの、情報もほぼなくアカウントの特定には至りませんでした。

こちらがツイッターの検索結果です!

顔画像とSNSに関して、新たな情報を掴み次第更新致します!



犯行動機

現時点では、この事件を報道しているメディアも数少なく、なぜ放火したのかという犯行動機は明らかになっておりません。

逮捕後男は「火をつけたら燃え広がったが、放火という認識はなかった」と供述している事から、男が通常の思考を備えているとは考えられないと思いました。

年齢的に、母親の介護疲れで爆発したケースかとも思いましたが、この供述をもとになぜ放火をしたのかと考えていくと、どうやら男が何らかの病気を抱えていたということも考えられます。

それに母親の介護疲れが原因だと、おそらく、絞殺を選ぶケースが多く、その直後に110番通報を自らする事がほとんどなので、やはり考えられません。

火が移る等、他の人達にまで被害を及ぼす可能性がある放火を選択する事は、介護疲れが原因ではやはりないでしょう。



ネット上の反応

このような声が世の中で上がってます。

  • 大切に育てた息子に放火で殺害されるなんてな

  • 男に介護をさせてはイケナイ
    男は女と違って基本的に「面倒臭がり」なので
    介護や育児には向かない
    だからと言って母親も
    「生きた」まま火葬されるとは
    思わなかっただろうな

  • どちらも老人で八方塞がり、自暴自棄か。

  • 意味が分からん
    救助しようとした近所の人が、母親を殺そうと放火した犯人に余計なことをするな!と殴られたんか?
    完全な放火殺人ってことか

引用元:Yahoo!ニュース




まとめ

事件のポイントをまとめます!

1. 母親と同居していた息子が家を放火し、逃げ遅れた母親が死亡

2. 放火の疑いで65歳の息子を逮捕

3. 逮捕後「火をつけたら燃え広がったが、放火という認識はなかった」と供述

4. 近くの住民が通報したことで消化された

家族間での放火事件でしたが、二人の間にはいったい何があったのでしょうか。

男が一方的に母親を恨んでいて、母親の命・母親がこれまでに沢山の苦楽を共に沢山の思い出が詰まっている家を同時に消してやろうとの思いで犯したのかは分かりませんが、供述から通常の心理・思考で無いことは言うまでもありません。

親子間と言うことで、本当に心がとても痛みます。

ただただ、周りの住民に被害を及ぼさなかったことが、唯一の救いですし、母親もそう思っていることでしょう。

人気記事

年賀ハガキ約60通を配達しなかった疑い!その年賀ハガキはどこに隠していた?犯行動機は?



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする