check_box 泉水卓の顔画像!砂場遊びをしてた園児の所に車で突入!女性保育士の勇敢な行動にネット上が称賛の声! - 最近のリアルガチ

泉水卓の顔画像!砂場遊びをしてた園児の所に車で突入!女性保育士の勇敢な行動にネット上が称賛の声!

出典:NNN

千葉県市原市の公園の砂場で保育士2人と園児5名が遊んでいるところに、乗用車が突入するという事件が発生しました。

1人の保育士が園児達をかばい、足首を骨折するという大怪我を負いましたが、園児達には何1つケガはありませんでした。

最近多い保育園絡みでの交通事故ですが、いったいどうしてこのような事が発生したのでしょう。

以下が調査内容になります!

園児達がいた砂場に車突入

15日午前10時半ごろ、千葉県市原市の公園に65歳の男が運転する車が突っ込む事故があった。公園では、保育園児らが遊んでおり、保育士1人がけがをしたという。

警察によると、15日午前10時半ごろ、市原市五井にある梨ノ木公園に車が突っ込んだという。事故当時、公園では砂場で保育士2人が園児5人を遊ばせており、園児らをかばった30代くらいの女性保育士が右足首を骨折したという。園児にケガはなかった。

この事故で、警察は車を運転していた自称無職の泉水卓容疑者(65)を過失運転致傷の疑いで逮捕した。

車を発進しようとしてあやまって公園に突入したとみられているが、泉水容疑者は警察の調べに、「アクセルを踏んだ覚えはない。突然、車が急発進した」と話しているという。警察は事故の詳しい状況を調べている。

引用元:日テレニュース




容疑者について

名前:泉水卓

年齢:65歳

住所:千葉県市原市五井

職業:無職

恋愛:不明

出典:NNN

顔画像やSNS

まず容疑者の情報を探るべく、顔画像を調査したのですが、先程速報ニュースとして報道されたばかりなので、現時点では公開されておりません。

公開され次第、更新致します!

次にSNSの中で、容疑者のアカウント特定率がダントツで高いFacebookを調査したのですが、まさかの同姓同名のアカウントが1つもありませんでした。

次にInstagramを調査したのですが、登録してあるだけのアカウントが1つあり、何の情報もありませんでした。

最後にツイッターを調査したのですが、こちらもインスタと同様な結果でした。

勇敢な保育士

今回の事件は、この保育士の女性がいなければ小さな命が無くなっていた可能性を大いに感じます。

とっさな判断だったと思われますが、実際に今回の女性のように皆が皆このような事を出来るか?というとそうでは無いでしょう。

実際にその境遇になってみないと分からない部分もありますが、自分の身が一番と言う事で、園児を置いて逃げる方も多くいると思います。

しかしこの女性、本当に素晴らしいです。とても正義感と責任感が強い事がひしひしと伝わります。

親からしてもこのような方がいれば、心から任せられますね。

女性は重傷を負いましたが、命が無事で、脳など後遺症が残る重大な事にならなかったことが幸いです。

しかし大怪我している事には変わりないので、早く治ってほしいと心から思います。

車が突き破っていった傷害物

上記の内容から、容疑者の男がフェンスに突っ込んでいった事が分かりますが、それはどのようにして突っ込んでいったのかをご覧下さい。

出典:NNN

この砂場の周りにはフェンスがあり、それプラス、ここに突入するまでにはもう1つ進入防止させるものが設置されていました。

出典:ストリートビュー

これは事故が起きる前の公園の画像なのですが先程言った進入防止の為に設置されたものがありますが、まず最初にこれを倒していって、さらにフェンスも突き破ったと言う事なので、相当なスピードが出ていた事が分かります。

逮捕後には「アクセルを踏んだ覚えはない。突然、車が急発進した」と有り得ない供述をしていることから、一生車に乗せてはならないと感じます。



大津市の事件と比較して

大津市の園児が巻き込まれた事件から早1週間経ちますが、逆に1週間しか経過していないにも関わらず、また園児が巻き込まれそうになる事件が発生しました。

大津市の事件の原因は、新立容疑者(右折側)が前を見ておらず直進車と衝突し、それに同様した直進車がたまたま信号待ちをしていた19人の園児や保育士のところに突っ込んでしまったという流れでした。

しかし、今回は公園の砂場に乗用車がいきなり突っ込んできたということでした。

今回は保育士さんのとっさな判断もあり、1つの生命を無くす事は間逃れましたが、公園の砂場にいてもこのような事件が発生するこの世の中では、いったいどうしたらいいのでしょう。

法律を変えるしかない

はい、もうこれしかないでしょう。

当たり前の事ですが、世の中は変わってきています。

例えばここ10年でインターネットが急普及し、今となってはスマートフォンが無い生活なんて考えられないでしょう。

このように時代は動いていて、今の日本は少子高齢化社会の真っ只中です。

これは少子高齢化になる以前から分かっていたことですが、実際少子高齢化に突入して、高齢者による交通事故が相次いでいます。

それも小さな命を奪う事件が相次いでいて、本当に悲しいです。

もう高齢者が多数いる今の日本は、高齢者社会に突入する以前から車の運転が可能な年齢というものを設定してなければいけませんでした。

昔の事をグチグチ言っても仕方ないのですが、これだけ事故が起きていても法律が変わらない現状には呆れます。

人間として衰えてきている高齢者が車を運転して事故するのは当然の事です。

それなら運転しない以外の選択肢はありません

今のままだとこれが益々悪化していくばかりです。やり方なんていくらでもあるので、まず運転年齢の制限を決める事は今の日本にとって絶対必要です。



ネット上の反応

このような声が世の中で上がってます。

  • どんなに憂えても
    自動車が激減でもしない限り
    悲劇は増えこそすれ
    減ることはない

  • まさか公園の砂庭に...
    本当に安全な場所など無い感じ。
    保育士さんも大津の事故の後で、気を付けてたのかな。
    骨折した保育士さんの怪我が早く回復することを祈ります。

  • 高齢者は運転支援機能付き自動車に限定するなどの規制を直ちに実施すべき。保育士さん、園児を守ってくれてありがとう。

  • 大津の事故から1週間でまだ報道もしている状況で、かつ春の交通安全週間も行われている最中
    だから高齢者は、と言われても反論の余地もないんじゃないか
    自信ないなら乗らないでタクシーを利用してほしい

  • 保育士さん、体張って子供たちを守ってくれたんですね。
    子供たちにけがなく、保育士さんも命は無事で良かったです。早く元気になってください。

引用元:Yahoo!ニュース

ネット上では様々なコメントが見受けられましたが、一番多かったコメントが保育士さんのとっさの行動を称賛するコメントでした。

まとめ

1. 公園の砂場で遊んでいた園児のところに車が突入

2. 保育士が園児をかばい、足首を骨折

3. 容疑者の男は「アクセルを踏んだ覚えはない。突然、車が急発進した」と供述

4. 車の運転の年齢制限は絶対

まず今回の事件ですが、誰も命を落とす事無かったこと、これが一番の幸いでした。

本当にこの事故時、女性が担当だって良かったなと思います。

それにしても最近は保育園絡みの交通事故が多いですね。

それも全て運転手側が悪いですし。

これだけ高齢者による大事故が続いているので現状の法律を変えなければいけないことは分かりきっている話です。

高齢者の皆が皆、車を運転してはいけないとは思いませんし、その住んでいる場所等によると車の無い生活が不可能な方もいるかと思います。

なので高齢者でも絶対に運転をしたいと言う人達には、それ相応の運転技術が無いと免許を与えられないようにしなければ、この問題は益々悪化していくばかりです。

目安としては、一旦60~65歳を境に免許の強制返還をし、その後どうしても必要という方達には、取得するのに難しい試験を合格するという形でいいと思います。

最新記事:吉野家に車で突っ込んで逃走していた犯人が2週間経過して出頭!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする