check_box 飯村修自の顔画像とFacebookを特定!車を乗り捨ててまで逃げる理由は? - 最近のリアルガチ

飯村修自の顔画像とFacebookを特定!車を乗り捨ててまで逃げる理由は?

悪質な交通事故による事件のニュースです!

今年9月、国道で車4台が絡む交通事故を起こしたにもかかわらず、逃走した事件で犯人が逮捕されました。

車を乗り捨ててまで逃走したにも関わらず、なぜ逮捕までに3ヶ月もかかったのでしょう。

男の顔画像やSNSも特定出来ましたのでご覧下さい!



事件の詳細

ことし9月、小美玉市の国道で車4台を巻き込む事故を起こして3人にけがを負わせその場から逃げたとして、29歳の男が警察に逮捕されました。
男は、容疑を否認しているということです。

逮捕されたのは、小美玉市田木谷の無職、飯村修自容疑者(29)です。
警察によりますと、飯村容疑者はことし9月14日の午後6時半ごろ、小美玉市栗又四ケの国道で乗用車を運転中に前を走っていた軽自動車に追突し、その後対向車線にはみ出して、反対から走ってきた乗用車2台に衝突するなど車4台を巻き込む事故を起こしたあと、車を乗り捨てその場から立ち去った疑いが持たれています。
この事故では、63歳の男性1人が胸の骨を折る重傷を負ったほか28歳と43歳の女性2人が軽いけがをしたということです。
警察は、周辺の防犯カメラの映像を解析するなどして捜査を進め30日、飯村容疑者をひき逃げなどの疑いで逮捕しました。
調べに対し、容疑を否認しているということで、警察が、当時の状況についてさらに詳しく調べています。

引用元:NHK

出典:NNN




容疑者プロフィール

名前:飯村修自

年齢:29歳

住所:茨城県小美玉市田木谷

職業:無職

顔画像やSNSは?

男の顔画像は公開されていました。

こちらです!

ちょっとチャラそうな雰囲気が出ているように見えますね。

Facebookを調査した結果、本人のアカウントを特定することが出来ました。

飯村修自Facebookアカウント

Facebookで名前検索すると分かるのですが、男の友達のアカウントが出てきて、その投稿から男が普段どのような感じなのかが分かります。



ネット上の反応

このような声が世の中で上がってます。

  • 逃げるのは自分に非があるから逃げるわけで、
    あるいは飲酒の可能性を揉み消そうとしたという可能性もありますね。

  • ひき逃げなんて、そこら中に防犯カメラが設置されてるし、ドライブレコーダーをつけてる車もいるんだから絶対捕まるってのにね。
    救命処置をしていれば罪も軽くなった可能性だってあるのに・・。

  • 証拠が腐るほどあるなかで容疑を否認できるメンタルがすごいです。
    反省も見受けられず情状酌量の余地なしですね。

  • ひき逃げは飲酒より罪を重くしてもいいと思う

  • 今年9月の事故か よく2カ月以上も逃げてたもんだな しかし所詮捕まるんだから さっさと出てきたらいいものを………
    これには厳しい裁きを願いたいね!

  • 捨ててまで逃げる理由があるんでしょ?
    警察がよく調べて欲しい。

  • 29歳で無職、お父さん、お母さんに車を買ってもらい、ガソリン代、税金、車検代、お小遣いもらってる、お子ちゃまですかぁ?
    車乗り捨て逃げても、車検証、ナンバー、防犯カメラから逃げれないよ、そんなことも分からない、お子ちゃま!

引用元:Yahoo!ニュース

今回の事件ですが、ネット上では非難の声が集中しました。

その中でも、『逃げる理由があるんだろう』といつコメントが多く見受けられました。

皆さんはどのように思われましたか?



まとめ

簡単に事件を振り返ってみます!

1. 国道で車4台を巻き込む事故を起こしたにも関わらず、その場から逃走

2. 車に乗っていた3人が重軽傷

3. 過失運転致傷とひき逃げの疑いで29歳無職の男を逮捕

4. 防犯カメラがキッカケで逮捕

5. 男は容疑を否認

相変わらず、ひき逃げ事件が多いですね。

何故逃走するのか。

例え飲酒であろうと、逃げたら罪は重くなるだけなんですけどね。

逃げた挙げ句、逮捕されたにも関わらず、容疑を否認する辺りのメンタルはどうかしてるなと思うのが率直な感想です。

この男数日前にも付近で強盗事件を起こして逮捕されているという情報が入っているのですが

もう刑務所から出て来てもらいたくありませんね。車両系事故の刑罰の重罪化を求めると共に、本当に反省していなければ一生出てこれないようにするのが筋だと思います。

元交際相手の家に侵入し寝ているところを鈍器で殴りかかる!!二人の間にいったいなにが?



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする