check_box 秋山泰造のSNSから顔画像を特定!同じ人間とは思えない供述とは? - 最近のリアルガチ

秋山泰造のSNSから顔画像を特定!同じ人間とは思えない供述とは?

ひき逃げ事件についてのニュースです!

国道をバイクで走行していた看護師の女性をひき逃げしたとして、69歳の男が逮捕されました。

女性は最初バイクと事故を起こして転倒したところを男にはねられたということでした。

状況によっては、はねることも仕方ないように思える事故ですが、ひき逃げした事によって

男が怪しまれる事は言うまでもありません。

信じられない供述に注目しつつ、事件について詳しく見ていきましょう!



事件の詳細

9日夜、大阪・八尾市の国道で、バイクに乗っていた24歳の女性が別のバイクとぶつかって転倒し、後ろから走ってきた乗用車にはねられ、意識不明の重体となっています。
車はそのまま走り去ったため、警察は10日、運転していた69歳の男をひき逃げなどの疑いで逮捕しました。

警察によりますと、9日夜9時40分ごろ、八尾市大竹の国道170号線をバイクで走行していた大阪・富田林市の24歳の看護師の女性が、脇道から出てきた別のバイクと衝突し、転倒しました。
さらに女性は後ろから走ってきた乗用車にはねられ、意識不明の重体となっています。
車はそのまま走り去ったため、警察はひき逃げ事件として捜査していましたが、防犯カメラの映像などから、奈良県広陵町の秋山泰造容疑者(69)をひき逃げなどの疑いで10日逮捕しました。
調べに対し「何かに当たったが何かはわからなかった」と容疑を否認しているということです。
警察は、最初に女性と衝突したバイクを運転していた八尾市の27歳の会社員の男性からも事情を聴いて、事故の状況を調べています。

引用元:NHK

出典:NHK




容疑者プロフィール

名前:秋山泰造

年齢:69歳

住所:奈良県広陵町

職業:無職

&n

顔画像やSNSは?

今現在までに、容疑者の顔画像は公開されていませんでした。

Facebookを調査した結果、漢字が同じの同姓同名アカウントが1つ存在しておりましたが、住所の登録が無いため断定とは言い切れないのが現状の結果でした。

しかし、そのアカウントの友達をみると、容疑者と同じ奈良県広陵町にお住まいの友達が沢山いることから本人の可能性は非常に高いように思います。

秋山泰造をFacebookで検索した結果がこちら



ネット上の反応

このような声が世の中で上がってます。

  • 何か当たったと感じたら、確認すると思うけどな…。

  • 当たったのは認識出来たんだな
    なら責任能力はある
    普通は降りて確認するはず
    でもしなかった
    なぜなら、人に当たった認識があったから
    だから逃げたんだよ

  • こういったニュース、人と気付かないはずがない。空き缶1つ踏んでもけっこうな衝撃なのに…

  • 真っ白になったんだろうね。「普通は〜…」とか言ってる人ほどパニックになるんだろう。まさか自分が巻き込まれるなんて思わないだろうからね。明日も自分勝手な運転に怒らず安全運転で行こう。

  • 狸はねた時の音は凄かった。人をはねて何か音がしたっていうのは絶対にあり得ない。

  • もうひき逃げした時点で無期懲役くらいにした方が良いよ。無免許や飲酒も付いたら極刑で。もし抵抗したら射殺で。そのくらい本気でやらないと無くならないと思う。

  • 何かに当たったとしても、車道に人が倒れてるとは思いにくいよ?

引用元:Yahoo!ニュース





今回の事件ですが、ネット上では様々な避難の声が多く集まりました。

その中でも、『人をはねて気付かないのはあり得ない』という声が多く見受けられました。

皆さんはどのように思われましたか?

まとめ

簡単に事件を振り返っていきたいと思います。

1. 国道をバイクで走行していた看護師の女性がバイクと衝突し転倒

2. 後ろから走ってきた車にはねられ意識不明の重体

3. そのまま走りさったとして無職で69歳の男をひき逃げの疑いで逮捕

4. 『何かに当たったが何かはわからなかった』と供述

相変わらずひき逃げ事故が無くなりませんね。

ニュースで見ない日は無いくらいです。

『何かに当たったが何かは分からなかった』というあり得ない供述ですが、もうこの供述から

私は飲酒運転をやりましたと言ってるようなものだと思う方が多いのでは無いでしょうか。

実際事故を起こさないと分からない事もありますが、ここまでひき逃げ事故が多発してる現状を考えると、『今のままでは絶対いけない!』

第一に法の改正が必要な事は言うまでもありません。

今はただただ看護師の女性の意識が戻ることを願う限りです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする