check_box 間瀬竜一のSNS特定!?保育士の男が飲酒当て逃げ!罪が重くなるのに逃げる心理とは? - 最近のリアルガチ

間瀬竜一のSNS特定!?保育士の男が飲酒当て逃げ!罪が重くなるのに逃げる心理とは?

交通事故による事件です!

車同士で事故を起こし、相手をケガさせたにも関わらず逃走したとして、保育士の男が逮捕されました!

男からは基準値を越えるアルコールも検出されているとのことです!

もうこの時点で飲酒運転の証拠隠滅をはかっていた事が考えられます。

逃げても罪が重くなるだけにも関わらず、

何で逃げるのでしょうか。

その辺りについても調べましたので、

注目しつつ、事件を詳しく見ていきましょう!



事件の詳細

 乗用車同士の事故、相手の運転手がケガをしたにもかかわらず逃げたとして、31歳の保育士の男を逮捕です。

逮捕された保育士の間瀬竜一容疑者(31)は、10月16日未明、愛知県半田市の交差点で乗用車を運転し、別の乗用車と衝突。相手の運転手の男性(67)にケガをさせたにもかかわらず、そのまま逃げた疑いが持たれています。

男性は、肋骨を折るなどの重傷です。

警察によりますと事故後、間瀬容疑者はその場に乗用車を放置して逃げましたが、車からすぐに特定され事情を聴かれていました。

調べに対し間瀬容疑者は、「事故を起こしたことは間違いない」と容疑を認めています。

また事故当日、警察が任意で間瀬容疑者から事情を聴いた際、呼気から基準値を超えるアルコールが検出されたということで、警察は飲酒の状況についても詳しく調べています。

引用元:FNN

出典:FNN




容疑者プロフィール

名前:間瀬竜一

年齢:31歳

住所:愛知県半田市

職業:保育士

顔画像やSNSは?

今現在までに、容疑者の顔画像は公開されていませんでした!

Facebookを調査した結果、1つだけ同姓同名のアカウントが存在していました!

そのアカウントは投稿もなく情報が少ないのですが、友達を見ると容疑者の男と同じ住所の友達が多かったことや、

福祉大学を卒業している(現在保育士)ことから本人の可能性は高いのかなと感じます。

間瀬竜一のFacebook検索結果

顔画像に関しては、後程公開されることも多々ありますので、公開され次第、更新致します!

ネット上の反応

このような声が世の中で上がってます。

  • 逮捕まで時間が掛かったのは、認めなかったからだね
    事情を聞いてる時に、飲酒検査をしたんだろう
    今になって、ようやく運転していた事実を認めたって感じか

  • 「可能性もある」じゃなくて確定でしょう。

  • これだけ飲酒運転が問題になっていて、なぜ罰則を重くしないのかが不思議。
    飲酒運転の奴に殺されたり怪我をさせられた被害者、被害者家族の為にも早急に法律を変えるべき。

  • 逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ。

  • 簡単な事なんだけど、いつになったら飲酒運転はダメってこと理解してくれるんだろう。
    理解できないおバカさんだから簡単ではないんだろうな。

  • 飲酒運転の可能性もある
    酒気帯びも含めて、アルコール隠しって悪質極まりない。

  • 事故を起こす日の朝までは普通の人だったのに飲酒運転事故をした瞬間から犯罪者。そこまで飲みたいか。そこまで呑んで運転したいか?

引用元:Yahoo!ニュース





今回の事件ですが、ネット上では様々な声が飛び交っていました!

特にこのコメントが多かったというのはありませんでしたが、その中でも『飲酒確定だろ』と言うようなコメントが多かった印象です。

皆さんはこの事件、どのように思われますか?

まとめ

簡単に事件を振り返っていきたいと思います。

1. 車同士で事故を起こし、相手をケガさせたにも関わらず逃走した疑い

2. 保育士の男を逮捕

3. 『事故を起こしたことは間違いない』と供述している

4. 呼気から基準値を超えるアルコールも検出されている

相変わらずこのような事故は減りませんね。

人間は強いストレスに合うと、逃げるという行動取るのが本能的に備わっていると言われてます。

これだけ多くのひき逃げ・当て逃げ事件が発生している事から、どうやら本当のようですね。

それともう1つがパニック障害

言葉の通り、パニックになって正常な判断能力を失った結果、逃走してしまうと言われています。

しかし、決して許される事ではありません!

このような事件の中では、逃げている最中に、被害者が命を落とすなんてこともあります。

そう考えると、尚更許せない行為と感じます。

いったいどれだけの重罪化にすると、無くなるのでしょうか。

82歳の男が誤操作で車を暴走!供述ではお決きまりのあの台詞!?この10年間で増えた事故件数とは?



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする