check_box 渡部恵司郎の顔画像特定!八王子で不法投棄!なぜバレた?以外にも重い刑罰とは? - 最近のリアルガチ

渡部恵司郎の顔画像特定!八王子で不法投棄!なぜバレた?以外にも重い刑罰とは?

引用元:NNN

解体工事で出た産業廃棄物を不法投棄したとして、廃棄物処理法違反の疑いで、建設会社の男3人が逮捕されました。

いったい何でバレたのでしょうか。

そして以外にも重い罪である廃棄物処理法違反の解説も致してますので、ご覧ください。



事件の詳細

住宅の解体工事で出た産業廃棄物の木材などを違法に投棄したとして、建設会社の社員ら3人が警視庁に逮捕されました。

逮捕されたのは東京・八王子市にある建設会社の社員、渡部恵司郎容疑者(47)ら3人です。3人は去年6月、八王子市谷野町の空き地に、住宅の解体工事で出た産業廃棄物の木材などおよそ21トンを違法に投棄した疑いが持たれています。

渡部容疑者は会社の実質的責任者でしたが、産業廃棄物処理の許可を受けていませんでした。

取り調べに対し、「ごみを持ち込むことは承諾したが不法投棄するよう指示はしていない」と供述しているということです。

引用元:TBSニュース

引用元:JNN




容疑者プロフィール

名前:渡部恵司郎

年齢:47歳

住所:東京都八王子市

職業:建設作業員 責任者

学歴:不明

恋愛ステータス:不明

引用元:JNN

顔画像やSNSは?

容疑者の情報を更に深掘りするために、Facebookを調査しました!しかし、容疑者と同姓同名のアカウントは存在していませんでした。

こちらがFacebook検索結果です!

ツイッターやインスタグラムも調査しましたがこちらも同様に、同姓同名のアカウントは1つも存在しておりませんでした。

しかし、報道で顔画像が公開されていました!

こちらです!

引用元:JNN

廃棄物処理法違反とは

まずこの犯罪は、法律に反して決められた処分場以外に、廃棄物を投棄することです。いわゆる不法投棄というものですね。

この不法投棄をする事で、与えられる刑罰は、5年以下の懲役/1千万円以下の罰金または併科と言われております。法人だと3億円以下と言われております。

おそらく皆さんが思った以上に大きな刑罰だったかと思われますが、これくらい大丈夫だろとポイ捨てするのも立派な犯罪ということですね。

なので、道路に不法投棄して交通に支障をきたした場合、1年以下の懲役/20万円以下の罰金の罰則があります。



ネット上の反応

このような声が世の中で上がってます。

  • 不法投棄を指示してないつもりならそれでいいのか。あの状態なら明らかに不法投棄だ

  • 似たような感じの所は人家の少ない田畑が広がる場所や大きな河川の近くなんかで時々見掛ける。捕まえてくれるなら、これからはどんどん通報しよう。

  • っで、これを誰が早急に撤去するんだ?

  • 廃掃法という法律によると産廃は、排出者責任です。
    排出者をもっと厳罰にしないと危機感の無い産廃業者がのさばります
    普通に考えれば適正価格でしっかり処理をする業者しか廃棄物出せないんだけど、安く処理を謳うとこにだすわけで、不法投棄のリスク考えないのよね。法人の罰金額は、半端ない高いよ

  • こういうときのための 逃げ道づくりだろ
    なんでもかんでもすてたり、うめたりしてんだろ

引用元:Yahoo!ニュース

今回の事件は、特にこのようなコメントが多かったわけではありませんが、当たり前の事はしっかりやらなきゃいけやいとのコメントが全般的に多かったように感じます。

皆さんは、どのように感じましたか?




まとめ

事件のポイントをまとめます!

1. 解体工事で出た産業廃棄物の木材などを違法に投棄

2. 廃棄物処理法違反の疑いで、建設会社の男3人を逮捕

3. 「ごみを持ち込むことは承諾したが不法投棄するよう指示はしていない」と供述

4. 近所の住民の人による通報が逮捕のきっかけとなった

このような事件は残念な気持ちになります。

会社の為に利益を出そうする気持ちは充分と理解出来ますが、やった事は結果的に痛いほどマイナスとなりましたね。

上記の写真を見ても分かると思いますが、廃棄物の量も半端ないですよね。これで、通ると思ってやっていたこの実質責任者の男に対しては、大丈夫か?と思ってしまいますね。

本当呆れてしまいます。

何ていう会社か判明しておりませんが、この男もそうですが更に上がいるはずなので、会社の方針と言うものにも疑問を抱くところです。

このような悪徳業者が居なくなってほしいと切に願います。

最新記事

彼女を包丁で切り殺す!この男の生い立ちがヤバすぎる!友達の証言も!顔画像からいじめられっ子のオーラが満載!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする