check_box 米田明訓の顔画像とFacebook特定!考古博物館から縄文土器窃盗!犯行動機は? - 最近のリアルガチ

米田明訓の顔画像とFacebook特定!考古博物館から縄文土器窃盗!犯行動機は?

引用元:ニュース So net

2013年に、考古博物館から縄文土器を盗んだとして、65歳の男を窃盗の疑いで逮捕しました。

犯行を犯した日から、時が経過していますが、逮捕のきっかけはまさかのネットオークションでした。

1. 報道内容

2. 容疑者について

3. 顔画像やSNS

4. 犯行動機

5. ネット上の反応

6. まとめ




報道内容

山梨県警は28日、県立考古博物館から縄文土器を盗んだとして窃盗の疑いで、県埋蔵文化財センター職員、米田明訓容疑者(65)=同県甲斐市=を逮捕した。県警によると、「盗んでいない」と容疑を否認している。

逮捕容疑は平成25年ごろ、甲府市の県立考古博物館で、倉庫に保管してある縄文土器1個を盗んだ疑い。

県警によると、今年2月下旬から3月上旬ごろ、センター職員がインターネットオークションに土器が出品されているのを発見。倉庫になかったことから、センターが3月に被害届を出した。オークションでは7万円で落札されていた。
引用元:産経新聞




容疑者について

名前:米田明訓

年齢:65歳

住所:山梨県同県甲斐市

勤務先:県埋蔵文化財センター 職員

恋愛:不明

顔画像やSNS

まず容疑者の情報を探るべく、顔画像を調査しました。現時点で公開されておりませんでしたが、特定する事が出来ました。

それがこちらです!

次にSNSの中で、容疑者のアカウント特定率が一番高いFacebookを調査しました。その結果、アカウントを特定する事が出来ました。

こちらが容疑者のFacebookアカウントです!

次にインスタことインスタグラムを調査しましたが、アカウントを特定する事は出来ませんでした。

こちらがインスタの検索結果です!

最後にツイッターを調査しましたが、同姓同名のアカウントは存在しておりませんでした。



犯行動機

現時点では、犯行動機どころか容疑すら認めていないので、判明している訳ではありませんが、報じられたことから犯行動機について考えていきたいと思います。

職業柄からも、縄文土器等の文化財に相当な興味があることが分かっている事から、ただただそれを自分の物にしたいが為に窃盗をしたと推測していました。

しかしこの縄文土器が、まさかオークションに出品されていて、それが逮捕のきっかけとは思いませんでした。

それも犯罪を犯した時から5年以上経過していますが、なぜ今になって出品したのかを考えると、お金に困ってた以外は無いでしょう。



ネット上の反応

このような声が世の中で上がってます。

  • 持ってたのが盗難届出てたのと同じものだと認識された?
    見つかったときはやはり「ドキッ!」としたんだろうね。

  • 手首と腰に縄文が付いてしまったね。

  • 中学の担任が昔の仕事の伝手で縄文土器を借りてきて見せてくれた。生徒の1人が落として割って先生死にそうな顔してたな、超謝ったって言ってたし、金になると思ったのかな?おそらくこの手のものは、売ってお金にとかじゃなくて国や世界の資産として価値があるんだと思うけど

  • 2013年の土器窃盗をなぜに今?
    他に追求したいことがあっての別件逮捕?

  • 古代史ファンとしてはがっかりな事件です。弥生と比べると芸術作品とみても素晴らしいもの。それを独り占めとは許せませんな。文化財は国民みんなの財産ですよ。

引用元:Yahoo!ニュース

ネット上では、大切に受け継がれてきた国の文化財を窃盗したという事に、残念な思いを述べている方が多く見受けました。



まとめ

事件のポイントをまとめます!

1. 2013年、県立考古博物館から縄文土器を窃盗

2. 窃盗の疑いで、県埋蔵文化財センター職員の男を逮捕

3. 考古博物館で、倉庫に保管してある縄文土器を盗んだ疑い

4. 逮捕のきっかけは、インターネットオークションに出品されている事だった

今回の窃盗事件ですが、県埋蔵文化財センターの職員が文化財を盗むという珍しい窃盗事件でしたが、文化財についての知識がある職員がこのような窃盗を犯したという事に、とても残念な気持ちになりました。

それに、この縄文土器がどれくらい価値があるのかも理解していたはずなので尚更です。

そして、最終的な逮捕のきっかけがインターネットオークションだったということから、残念な思いを越えて呆れの気持が芽生えてきます。

人気記事

コインパーキングを不正利用して逮捕!その驚きの数とは?手口も判明!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする