check_box 鈴木幸子さん(81)の顔画像!軽トラックを運転していて電車に衝突!事故原因は? - 最近のリアルガチ

鈴木幸子さん(81)の顔画像!軽トラックを運転していて電車に衝突!事故原因は?

引用元:NNN

23日午前7時頃、愛媛県四国中央市で、軽トラックが電車に衝突したとして、軽トラックを運転していた81歳の女性が意識不明の重体です。

その後約3時間運転を見合せたため、この事故で約3000人に影響が出たということです。

・報道内容

・容疑者について

・顔画像やSNS

・事故原因

・ネット上の反応

・まとめ



報道内容

23日朝、愛媛県四国中央市で特急列車と軽トラックが衝突する事故があり、軽トラックを運転していた高齢の女性が意識不明の重体。

23日午前7時半ごろ、JR予讃線の赤星駅と伊予土居駅の間の踏切で、岡山行きの特急列車と軽トラックが衝突する事故があった。

警察によると、この事故で軽トラックを運転していた愛媛県四国中央市の鈴木幸子さん(81)が新居浜市内の病院に搬送されたが、意識不明の重体だという。また、特急列車には乗員、乗客あわせて167人が乗っていたが、ケガ人はいなかった。

この事故で、JR予讃線は観音寺─新居浜駅間の特急列車と、伊予三島─新居浜駅間の普通列車で3時間にわたり運転を見合わせたため、約3000人に影響がでた。

警察は、事故の原因について詳しく調べている。

引用元:日テレニュース

引用元:NNN




女性ついて

名前:鈴木幸子

年齢:81歳

住所:愛媛県四国中央市

職業:無職

恋愛:不明

引用元:NNN




顔画像やSNS

まず女性の顔画像を調査しましたが、現時点では公開されておりませんでした。

次にSNSの中で、アカウント特定率が一番高いFacebookを調査しましたが、アカウントを特定することは出来ませんでした。思ってた以上に年齢が若い方が多かった印象です。

こちらがFacebookの検索結果です!

次にインスタことインスタグラムを調査しましたが、こちらも同様にFacebookと同じ結果でした。

こちらがインスタの検索結果です!

最後にツイッターを調査しましたが、最後までSNSのアカウントを特定することは出来ませんでした。

こちらがツイッターの検索結果です!

どのSNSにも同姓同名の方が数多く存在していたので一概に言えませんが、年齢的に考えるとSNSはやってないかもしれません。



事故原因

高齢者による交通事故が様々なところで発生しておりますが、今回の事故は例外的な内の1つの事故と言えるでしょう。

このような列車と車が衝突するという普通では考えられない事故が極まれに発生するのですがやはりその運転手は高齢者です。

このあり得ない事故ですが、なぜこのようなことが起こるのか考えてみます。

流石に高齢者と言っても、遮断機が降りているにも関わらず突っ込んでいくことは考えられません。

しかし、唯一考えられる事として自殺を考えていたとすると、それも否めないというところです。

次に考えられることが、運転していた車は軽トラでしたので、ミッション車の可能性が高いです。そこで、危険を促す「カンカンカンカン」という音に焦って、エンストしてしまい動けなくなって、電車が追突した。という事も考えられます。



ネット上の反応

このような声が世の中で上がってます。

  • こうなっちゃうと、生き残っちゃう方が、色んな面で地獄だと思う。

  • 高齢者、目だけでなく耳も悪いし、反射神経もかなり衰えてます。
    自分では気づかないから身内が教えてあげてください。
    それでも身内高齢者を不便なのは可哀想だからと野放しにしてる方、自分や自分の子供または身内が他人高齢者に轢かれても文句言わないですか?
    いや、絶対言わないでくださいね。

  • 何故遮断機も警報器もある踏み切りに 入るのか 聞いてみたいよ 何故なんだ?

  • 今日近所の時差式でない交差点で右折矢印になったので右折したら直進車が突っ込んで来たから急ブレーキ。運転手は高齢者だった。ホント危険な運転する高齢者多すぎる。

  • 踏切事故でも警標と支柱が傾いてるのはあまり見ないなぁ

引用元:Yahoo!ニュース

ネット上では高齢女性がこのような事故を起こしたことによって、女性にたいする非難のコメントというよりも、高齢者全般に対しての運転の危険に対するコメントが多く見受けられました。



まとめ

1. 軽トラが特急列車と衝突

2. 車を運転していた81歳の女性が意識不明の重体

3. この事故で約3000人に影響

4. 事故の原因について調査中

高齢者の交通事故が多い中、更に色々な意味で大変な事故が発生してしまいました。

今現時点では、事故の原因が明らかになっておりませんが、ただでさえ事故を犯すという事は大変な事にも関わらず、電車との事故という事に関しては、改めて高齢者の車の運転が危険だということを思い知る事件となりました。

年齢だけで一概には言えませんが、このようなニュースを見ていると、免許返納の法律改善、又は運転免許所持するためのテストの難易度を上げる等しなければ、高齢者が右肩上がりになっていく今の時代では対応出来なくなってくるでしょう。

今回のように事故を起こしては取り返しがつかなくなるので高齢者自身で自分の運転の劣化を感じて自主返納する人は少ないですから、周りにいる人が上手く説得するのはとても大切ですし、それが交通事故を減らしていくための1つの手段であることには間違いありません。

類似記事

ダンプカーが原付きバイクをはねる死亡事故発生!数多くある事故原因とは?



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする