check_box 神田直之の顔画像やSNS!コンビニ強盗のフェイク事件発生!何がしたかったか調査! - 最近のリアルガチ

神田直之の顔画像やSNS!コンビニ強盗のフェイク事件発生!何がしたかったか調査!

出典:石川テレビ

石川県のコンビニで、夕方に男が包丁を持って押し掛ける事件がありました。

しかし、この男は強盗する事もなく、自ら警察を呼ばせてそのまま現行犯逮捕されました。

ん?となりますが、どうしてこんな事をしたのでしょう。

以下が調査内容になります!

意味不明な犯行

28日夕方、石川県小松市内のコンビニに包丁を持った男が押し入り、警察に現行犯逮捕されました。客や店員にケガはありませんでした。

逮捕されたのは現場近くに住む自称・調理師の神田直之容疑者(51)です。

警察によりますと、神田容疑者は28日午後6時半ごろ、石川県小松市向本折町にあるコンビニエンスストアに、刃渡り21.5センチの柳刃包丁を持って店に押し入りました。

そして、包丁を振りかざしながら、レジにいた男性店員に「警察を呼べ」と叫び、レジカウンターなどを蹴り上げたということです。

この店の店長が110番通報し、駆けつけた警察官が男を現行犯逮捕しました。

当時、店内にいた客や店員などにケガはありませんでした。

神田容疑者は金銭を要求しておらず、警察が犯行の動機を調べています。

引用元:石川テレビ

容疑者について

名前:神田直之

年齢:51歳

住所:石川県小松市

職業:調理師(自称)

恋愛:不明



顔画像やSNS

まず容疑者の情報で気になるところは顔画像かと思われますので調査したのですが、現時点では公開されておらず特定する事も出来ませんでした。

次にSNSの中で、容疑者のアカウント特定率が一番高いFacebookを調査したのですが、同姓同名のアカウントは存在しているものの、アカウントを特定する事は出来ませんでした。

こちらがFacebookの検索結果です!

次にインスタことインスタグラムを調査したのですが、こちらも同様にアカウントを特定する事は出来ませんでした。

こちらがインスタの検索結果です!

最後にツイッターを調査したのですが、登録してあるだけのアカウントが2つある状態でした。

意味不明な犯行に及んだ男の情報は気になるかと思われますので、顔画像とSNSについては新たな情報を入手次第更新致します!

何がしたかったのか?

男はいったい何がしたかったのでしょうか。

ゴールデンウィーク中である28日の夕方に、包丁を持ってコンビニに押し入り店員を脅したてもうこの流れからほとんどの人がコンビニ強盗かと思ったでしょうが、まさかの「警察を呼べ」と言いカウンターを蹴り上げていたところ警察がすぐさま到着して現行犯逮捕。(笑)

はい、本当に何がしたかったのでしょうか。。

自称調理師というところから普通では無い感じがプンプンと漂いますが、世間がゴールデンウィーク中に賑わっている中、家族・友達がいなく寂しくて注目を集める為にやったのか。、ただ生活困難で刑務所に入りたくてやったのかは分かりませんが、店内で包丁を振り回して暴れる事もなく、お金を脅し取ることもない事から、逆に普通では無く恐ろしくも感じます。

精神的な病を抱えこんでいたことも、十分に考えられますね。



ネット上の反応

このような声が世の中で上がってます。

  • いったい何がしたいの?警察官と話したいなら直接警察署へ刃物を持って行けば良いのに、そこまでは考えつかなかったのですね。

  • 意味不明。
    警察にお世話になってメシでも食いたかったのか?

  • 志願兵ですか。薬やってないか調べた方が良さそうですね。まあ、とにかくコンビニの店員さんやお客さんにケガがなくて良かった。

  • だね
    動機が不明だな
    まぁ暖かくなったし、
    虫と変人が増えるんだろう
    店員に怪我がなくて何より

引用元:Yahoo!ニュース

この犯行にネット上では予想通り「意味不明」というコメントが多く見受けられました。

まとめ

事件のポイントをまとめます!

1. 自称調理師の男がコンビニに包丁を持って押し掛ける

2. しかし「警察を呼べ」と通報させて現行犯逮捕

3. 精神的な病を抱えこんでいたのか

4. 男について、様々なことを調査する必要性を感じる

今回の事件ですが、包丁を持ってコンビニに押し掛けたにも関わらず、金銭を要求する事もなく、警察を呼ばせて現行犯逮捕というあまり聞いたことの無い事件が発生しました。

ただこの事件ですが、男の犯行動機は分かりませんが、店員等を含めた全ての人にケガ等が無かったことが本当に良かったです。

この犯行を犯した男については、大きな闇がありそうなのでしっかり調査する必要性を感じます。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする