check_box 宮崎純一の顔画像やSNS!高校教師が女子高生のスカート内を盗撮!なぜ盗撮する? - 最近のリアルガチ

宮崎純一の顔画像やSNS!高校教師が女子高生のスカート内を盗撮!なぜ盗撮する?

駅のホームで女子高生のスカート内を盗撮したとして、57歳の高校教師が逮捕されました。

誰が盗撮するのも許されませんが、高校の教師が女子高生のスカート内を盗撮。これは同じ盗撮でも違いますよね。

気持ち悪すぎます。

いったいなぜ犯したのでしょう。

以下が調査内容になります!

高校教師が女子高生のスカート内盗撮

女子高校生のスカートの中を盗撮したとして、大阪府警茨木署は11日、自称大阪府立北千里高教諭の宮崎純一容疑者(57)=同府茨木市三島丘=を府迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕したと発表した。容疑を否認しているという。

逮捕容疑は10日午後10時ごろ、阪急京都線茨木市駅のホームで、電車を待っていた10代の女子高校生の後ろから近づき、スマートフォンでスカートの中を動画撮影したとしている。

茨木署によると、宮崎容疑者を不審に思った別の利用客が取り押さえ、駆け付けた署員がスマホに保存されていた動画を確認して逮捕した。

引用元:毎日新聞

容疑者について

名前:宮崎純一

年齢:57歳

住所:大阪府茨木市三島丘

職業:高校教師

勤務先:大阪府立北千里高(自称)

恋愛:不明

そもそも自称高校教師となっている事自体おかしな話ですが、57歳でもう少しの我慢で定年なのにも関わらず、理解出来ませんし、勿体ないですね。



顔画像やSNS

まず容疑者の情報を探るべく、顔画像を調査したのですが、現時点では公開されておらず、特定する事も出来ませんでした。

次にSNSの中で、容疑者のアカウント特定率が一番高いFacebookを調査したのですが、現時点では特定する事は出来ませんでした。

こちらがFacebookの検索結果です!

次にインスタことインスタグラムを調査したのですが、沢山のアカウントが存在しているものの、特定にいたる情報がありませんでした。

最後にツイッターですが、こちらも同様にアカウントを特定することは出来ませんでした。

こちらがTwitterの検索結果です!

顔画像とSNSに関して、新たな情報を入手次第更新致します!

なぜ盗撮するのか?

そもそもですが、なぜこのように盗撮する人が相次ぐのでしょうか。

これを調査したところ、初めての盗撮は衝動的に勢いでやるケースがが多いようです。

計画を入念にして盗撮!ではなく、衝動を刈られた勢いで!というケースが。

よく盗撮容疑で逮捕された後に「スリルを味わうために」という供述を聞いたことがあると思われますが、盗撮した映像の精度〈 盗撮している時の快感が上回るようです。

これで止められなくなり、いわゆる依存症に陥る事が多いようです。

なので盗撮の再犯率は30%と言われています。



ネット上の反応

このような声が世の中で上がってます。

  • 聞き苦しい言い訳はもうやめようか。酒に酔って覚えていないとか、盗撮していないとか、確たる証拠は全て残っている。

  • 今日阪急茨木市駅を使ったのですが昨晩盗撮があったのですね。
    最近この様な事件が多いですね。女性が狙われる事件が後を絶たないですね。

  • 茨木市にある学校の教諭が茨木市駅でするなんて生徒見てるかもしれないのにやばいなw

  • スカートの中には夢がある、ってどっかで聞いたフレーズだな。
    期待に胸を膨らませても、そこに夢なんかありませんよw
    まぁ全国の女性が一斉にスカートの下にスパッツでも履くようになったら、そんな妄想もぶっ壊れるんだろうけどね。

引用元:Yahoo!ニュース

ネット上では、一言で言うとコメントから呆れ返っているのが凄く伝わるコメントばかりでした。

まとめ

1. 女子高生のスカートの中を盗撮

2. 高校の教師を逮捕

3. 証拠が残っているにも関わらず否認

4. 犯行動機はスリルを味わう為に?

相変わらずこのような盗撮事件がなくならないですね。

それに犯罪者は、高校の教師。

高校の教師が女子高生のスカート内を盗撮なんて本当に情けない限りですね。

ネット上でもありましたが、最寄り駅でこのような事をしていたなら生徒に見られていた可能性も無くはありませんよね。

それに盗撮者は常習性がとても強いので、これが1回目だったことは考えられないので、もしかすると校内でも広まっていたのかもしれません。

今回の盗撮事件のニュースを見て、過去に自分が通っていた高校の遠足で、生徒を盗撮したという事件を思い出してしまいました。(笑)

その後、その先生はどこにいったのか行方も分からず、東北の方に身を潜めにいったという噂だけが残りました。

この男はどうするんだろぅと少し気になる自分がいます。(笑)







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする