check_box 黒沢里子(87)の顔画像!原付の少年に衝突!運転免許証交付の改正の必要性について - 最近のリアルガチ

黒沢里子(87)の顔画像!原付の少年に衝突!運転免許証交付の改正の必要性について

出典:ANN

原付バイクで直進していた18歳の少年に、87歳の高齢の女が出会い頭に衝突するという事件が発生しました。

この事故で18歳の少年は意識不明の重体です。

また発生してしまいました。

高齢者の年齢87歳。。

この年齢を見ただけで、運転したらダメでしょと思った方は多くいると思います。自分もその内の一人です。この年齢は、池袋暴走事故を起こした飯塚幸三と同い年だと思った方も少なからずいるでしょう。

このように高齢者の事故が相次でいることから運転免許の改正の事を中心に執筆しました。

以下が調査内容になります!

また発生した高齢者(87)による事故

埼玉県上里町で87歳の女が運転する軽トラックと男子高校生(18)の原付きバイクが衝突する事故があり、高校生が意識不明の重体です。  2日午後5時すぎ、上里町の交差点で軽トラックと男子高校生が運転する原付きバイクが出合い頭に衝突する事故がありました。高校生は衝突したはずみで近くのブロック塀に体を強く打ち、意識不明の重体です。警察によりますと、駐車場を出て左折しようとした軽トラックが右側から直進してきた原付きバイクと衝突しました。警察は軽トラックを運転していた黒沢里子容疑者が安全確認を十分にしないまま道路に出たとみて、過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。調べに対し、黒沢容疑者は容疑を認めています。

引用元:テレ朝ニュース




容疑者について

名前:黒沢里子

年齢:87歳

住所:埼玉県上里町

職業:無職

恋愛:不明

出典:ANN

顔画像やSNS

まず容疑者の情報で、一番気になるのが顔画像かと思われますので調査したのですが、現時点では公開されておらず、特定することも出来ませんでした。

次にSNSの中で、アカウント特定率が断トツで高いFacebookを調査したのですが、同姓同名のアカウントは存在しておりませんでした。

次にインスタことインスタグラムを調査したのですが、同姓同名のアカウントは存在しているものの、特定することは出来ませんでした。

最後にツイッターですが、こちらもFacebook同様に同姓同名のアカウントは1つもありませんでした。

年齢も87歳という事から流石にSNSはやっていないですよね。

運転免許証交付の改正の必要性

これだけの高齢者による交通事故が相次いでいるとなると、法の見直し以外はありません。

ここ最近でも、池袋暴走事故から高齢者による交通事故が様々なところで毎日のように発生しているのが現状です。

それも被害者の大半は若い世代。。

まず免許の制限をかけなければ、これから高齢化社会が加速していくため、このような酷いニュースをもっと見ることになります。

ただこれも年齢が全てではありませんし、人それぞれ住んでいるところも違うので難しい問題ではありますが、実施する必要性はかなり強いと思います。

この制度を実施する上で、高齢者が住みやすい世の中に変えていくのがベストではないかと思います。



ネット上の反応

このような声が世の中で上がってます。

  • 超高齢者の家族は、真剣に免許返納させることを考えた方がいい。

  • 高齢者ドライバーの事故がどこまで続くのだろう?
    最近の事故は加害者は高齢者で被害者は若い年代で
    命まで奪われるケースが多い️運転免許証交付のあり方の見直しが必要ではないのか?
    これからの運転免許証交付は18歳から最大70歳?

  • サイドミラーを畳んだまま走行してる車をよく見かけるが老人が多い。周りを見てない証拠だよね

  • 先日の池袋事件で亡くなったご家族の方々が浮かばれない。大きな決意をして会見をしたご主人が言ってた教訓が生かされてない。まだ、数日なのにとても残念。

引用元:Yahoo!ニュース

ネット上では、年寄りの運転の危険性と免許返納を求めるコメントが多かったのが印象です。

まとめ

事件のポイントをまとめます!

1. 87歳の高齢者が直進してきた原付バイクと衝突

2. 原付を運転していた高校生が重体

3. この高齢者は左右の確認不足が原因

4. 運転免許法の改正が絶対に必要

また高齢者による交通事故が発生してしまいました。

その被害者は若き少年で、意識不明の重体。

本当に残念であります。

ここ最近、高齢者による交通事故がかなりの件数発生していますが、運転免許証交付の年齢制限は絶対に必要です。

そして高齢者ドライバーがいる遺族も、安易に考えててはいけません。このように事故を起こしてからでは遅いのです。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする