check_box 吉川照光の顔画像は?82歳の男が誤操作で車を暴走させる!供述は例の決まり文句? - 最近のリアルガチ

吉川照光の顔画像は?82歳の男が誤操作で車を暴走させる!供述は例の決まり文句?

高齢者による交通事故です!

高齢者の男が運転する車が暴走し、ベンチに座っていた男性をはねて重傷を負わせたとして、82歳の男が逮捕されました!

相変わらず多い高齢者による暴走事件ですが、

今回の男も安定のあのミスでした。

まあ皆さんお気づきでしょうが、何だったか注目しつつ、事件について詳しく見ていきましょう!



事件の詳細

16日夜、広島県尾道市で、高齢の男が運転する車が暴走し、バス乗り場のベンチに座っていた男性をはねた。男性は、重傷を負った。 事故があったのは、JR尾道駅前のバスロータリー。警察によると、16日午後6時過ぎ、普通乗用車が突然、バスロータリーに突っ込み、ベンチでバスを待っていた19歳の男性をはねた。男性は頭蓋骨と両足を骨折し、重傷。 警察は、車を運転していた会社相談役の吉川照光容疑者(82)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕した。調べに対し、吉川容疑者は「アクセルとブレーキを踏み間違えた」と話しているという。

引用元:テレ朝ニュース

出典:ANN




容疑者プロフィール

名前:吉川照光

年齢:82歳

住所:不明

職業:会社相談役

顔画像やSNSは?

今現在までに、容疑者の顔画像は公開されていませんでした!

Facebookを調査した結果、同姓同名のアカウントは存在しておりませんでした。

インスタグラム等その他SNSも調査しましたが、こちらも同様アカウンの特定には至りませんでした。

顔画像に関しては、後程公開されることも多々ありますので、公開され次第、更新致します!

事故の増加

高齢者による交通事故の増加が年々と増してきています。

こちら!

少しずつとはいえ、この表の数値の最初と最後では、10もの差が開いてます。

コツコツコツコツ積み重ねる恐ろしさを感じられます。

ようは、今のままではダメってことですね。

早めの対策を打たないと、とんでもないことが起こってしまうのではないかと心配でなりません。



ネット上の反応

このような声が世の中で上がってます。

  • 高齢の親を持つ子は自主返納するよう親を説得しなければならない。納得する材料を用意しなければ納得はしないと思う。なかなか辛いところです。

  • 目がウツロで口が開いてヨダレ垂らして信号無視してる高齢者を見かけた。
    警察に通報したが出動してはくれなかった

  • 車が勝手に暴走したみたいな言い方だな。運転者の年齢や故意か間違いかなどに関係なく、アクセルを床まで踏み込んだら車は目一杯の力で走ろうとします。そのように作られているんだから。

  • 70歳以上の高齢者はタクシー代3割負担等の対策をとれば少しこの様な事故は減るかも

  • 踏み間違いは理屈じゃない。
    どっちがブレーキで
    どっちがアクセルか
    脳が分からなくなってる
    ということ。

  • 生い先短い年寄りが将来のある若者や子どもを車で轢くのは理不尽だ。

  • 80歳超えたら運転がおかしいのは自覚あるはずだぜ️それなのに運転するのは問題だぜ️1カ月の実刑にしろよ

引用元:Yahoo!ニュース

今回の事件ですが、ネット上では様々な声が飛び交っていました!

その中でも当然ながら非難の声が数多く、高齢者の運転問題は『いち早く解決策が必要』というコメントが多く見受けられました。

皆さんはこの事件、どのように思われますか?



まとめ

まず簡単に事件を振り返っていきたいと思います。

1. 高齢の男が運転する車が暴走

2. バス乗り場のベンチに座っていた男性をはね、男性は様々な部分を骨折し重傷

3. 82歳の男が過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕

4. 『アクセルとブレーキを踏み間違えた』と供述

相変わらず高齢者による誤操作の交通事故が多い限りですね。

高齢者の生活環境によるので言い切れない部分もあるのですが、80を越えた高齢者に運転免許を与えるのは、やはり怖いです!

今回の事件も幸いなことに、命は飛ばなかったものの、ほんの1つの操作ミスで、

たまたまそこにいた無関係の人の命が奪われると言うのは、ほんとに辛すぎます。

そう考えると、やはり80歳くらいの高齢者は免許返納すべきなのでしょうか。

事故を起こしてからでは遅いですが、生活面で不便になる人は続出してしまうとても悩ましい問題です。

『いざ国が動くべき時』なのではないでしょうか。

87歳の男がひき逃げ直後に農作業!?驚くべき高齢者の運転に対する自信とは?



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする