check_box 佐藤弘通の顔画像は?85歳の高齢者がバイクをはねる交通事故!運転免許の上限は必要か? - 最近のリアルガチ

佐藤弘通の顔画像は?85歳の高齢者がバイクをはねる交通事故!運転免許の上限は必要か?

高齢者による交通事故のニュースです!

85歳の男性が運転する乗用車が35歳の男性が運転するオートバイと衝突し、オートバイを運転していた男性は意識不明の重体となる事故がありました。

この事故ですが、やはり車を運転していた85歳の男性が圧倒的に悪いので、どのように事故が起こったのかを注目しつつ、事件について詳しく見ていきましょう!



事件の詳細

30日午前、札幌市手稲区で、高齢者が運転する乗用車がオートバイと衝突し、オートバイの男性が意識不明の重体です。
午前9時半ごろ、札幌市手稲区前田4条7丁目の交差点で、右折しようとしていた乗用車が対向車線を直進してきたオートバイと衝突しました。この事故で、オートバイに乗っていた近くに住む会社員、森和保さん35歳が病院に運ばれ、意識不明の重体です。警察は、乗用車が無理に右折したとみて、乗用車を運転していた佐藤弘通容疑者85歳を、過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。事故があった現場は信号機がある交差点でした。

引用元:HTBニュース

容疑者プロフィール

名前:佐藤弘通

年齢:85歳

住所:札幌市手稲区新発寒6条4丁目

職業:無職

顔画像やSNSは?

今現在までに、容疑者の顔画像は公開されていませんでした!

Facebookを調査した結果、複数の同姓同名アカウントが存在していたのですが、アカウントの特定には至りませんでした。

インスタグラム等その他SNSも調査しましたが、こちらも同様アカウントの特定には至りませんでした。

顔画像に関しては、後程公開されることもありますので、公開され次第、更新致します!



運転免許の上限

今現在、運転免許の年齢制限というものはありませんが、近年高齢者による事故が多発していることから、運転免許の上限を設けるべきという声を様々なところで目にします。

それも若い年齢の間では特に賛成の声が多く、逆に80歳以上の高齢者に関しては半数以上が反対しているというデータがあります!

交通の便が悪いところに住んでいる等、環境によって一概に運転免許の上限を設けるというのは、高齢者の立場になって考えるとそう簡単に踏み切れないのかなと思います。

ネット上の反応

このような声が世の中で上がってます。

  • 85歳に運転免許与える制度が間違いのもとかと思う。

  • もういいかげん高齢者に免許制限を設けるべきだろう。
    免許取得可能年齢が18歳と決めてあるのなら、上限を設けることに問題があるとは思えない。
    高齢者の運転は現実的に危険だと思う。

  • 高齢者の方は行けると思ってもワンテンポもツーテンポも遅くなるから無理に曲がらない方が無難だと思う

  • 最近高齢者の事故が多く、自主返納も少ないのは決まりがないからです。
    返納制度を早く確立させるべきです。
    また今日も未来ある若い世代が失われつつあります。

  • 高齢者の運転免許失効の法整備を早急にすべき。日本政府は企業や高齢者にゴマをすっている場合ではない。

  • オートバイを運転していた方の意識が戻り、元気になって貰いたいと強く思います。

  • 年齢で単純に線を引く意見には反対だ。適性を適正に判断する仕組みを早急に国が作るべきだと考えます。

引用元:Yahoo!ニュース





今回の事件ですが、ネット上では様々な声が飛び交っており、その中で多かったコメントとしては、『運転免許の年齢の上限を設けるべき』『このような高齢者が未来ある若者の命を奪ってく』というようなコメントが非常に多かったように思います。

皆さんはこの事件、どのように思われますか?

まとめ

まず事件を簡単に振り返ってみます!

1. 85歳の男性が運転する乗用車が35歳の男性が運転するオートバイと衝突

2. 男性は救急車に運ばれ、意識不明の重体

3. 過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕

高齢者の運転による交通事故は、ほんとに絶えませんね。絶えないばかりか、高齢化が進むに連れて増えていくことが考えられますので、早く何らかの対策を考えて実施する必要性を感じます。こればっかりは、いつ・どこで・誰が被害者になるのか分からない事なので、本当に恐ろしい限りです。

この運転免許の上限問題ですが、一番重要なのは安全に危なげなく運転出来るかどうかという事だと思いますので、70歳後半くらいからは高齢者の運転講習頻度をもっと増やし、その講習内容も今より一層レベルを上げて、それを通過出来た方のみに運転する資格を与えるという様な仕組みにしていくのが、事故を減らす事も可能でしょうし、高齢者自身も納得する事でしょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする