check_box 森田賢二の顔画像やSNS!無免許運転で女子高生をひき逃げ!犯行動機は? - 最近のリアルガチ

森田賢二の顔画像やSNS!無免許運転で女子高生をひき逃げ!犯行動機は?

引用元:JNN

免許が失効したまま車を運転し、女子高生をひき逃げしたとして、37歳の男を無免許過失運転傷害の疑いで逮捕しました。

男は通勤中でした。

1. 報道内容

2. 容疑者について

3. 顔画像やSNS

4. 犯行動機

5. ネット上の反応

6. まとめ




報道内容

先月、千葉県松戸市で免許が失効したまま車を運転し、自転車と衝突してそのまま逃走したとして、37歳の会社員の男が逮捕されました。

無免許過失運転傷害などの疑いで逮捕されたのは、松戸市の会社員・森田健二容疑者(37)です。森田容疑者は先月14日、松戸市の交差点でワンボックスカーを無免許で運転した上、女子高校生(17)が乗る自転車に衝突し、そのまま逃走した疑いが持たれています。女子高校生は胸や右手などを打撲する軽傷を負いました。

警察によりますと、森田容疑者は、2年前から免許が失効していましたが、当日、車を運転して出勤しようとして事故を起こしたということです。森田容疑者は調べに対し、「免許失効がバレるのが怖くて逃げた」などと容疑を認めているということです。

引用元:TBSニュース

引用元:JNN




容疑者について

名前:森田賢二

年齢:37歳

住所:千葉県松戸市

職業:会社員

恋愛:不明

引用元:JNN




顔画像やSNS

まず容疑者の情報を探るべく顔画像を調査しましたが、現時点では公開されておらず、特定する事も出来ませんでした。

次にSNSの中で、容疑者のアカウント特定率が一番高いFacebookを調査しましたが、アカウントを特定する事は出来ませんでした。

こちらがFacebookの検索結果です!

次にインスタことインスタグラムを調査しましたが、こちらも同様にアカウントの特定には至りませんでした。

こちらがインスタの検索結果です!

最後にツイッターを調査しましたが、最後までアカウントを特定する事は出来ませんでした。

こちらがツイッターの検索結果です!

顔画像とSNSに関して、新たな情報を掴み次第更新致します!



犯行動機

今回のひき逃げ事件ですが、犯行動機は無免許だという事をばれるのが怖いというただただ身勝手な理由でした。

人をはねた事、免許失効した事、全て自分が悪いにも関わらず、免許失効がバレるのが怖いという理由で人の命をそっちのけに出来る人間性的なところには、言葉がありません。

被害者の女子高生は、たまったもんじゃありませんが、運悪くこの男にはねられましたが、何に変えることも出来ない命が助かり、その上軽傷だったことには何よりの不幸中の幸いでした。



ネット上の反応

このような声が世の中で上がってます。

  • 無免許運転は危険運転並みに厳罰化すべき
    轢き逃げももっと厳しくしろ

  • 被害者の怪我が大怪我じゃなかったのが不幸中の幸い!これで障害が残るような怪我させられても賠償能力がなきゃ!何も犯人からは取れない!ヒドイ法律の世界!

  • 氷山の一角だと思う。
    こういった悪質な犯罪は、厳しく処罰してほしい。

  • ひき逃げはもうひとつ隠している犯罪がある
    飲酒、覚醒剤、居眠り、・・・
    逃げたら最低でも10年からの懲役にすればいい
    助かる命を見殺しにした場合の罪は重い(これは死刑)

  • 37歳にもなって常識がない人間ですね。こんな人間を雇ってる会社もロクな会社じゃないんだろな。

  • この国はどんどん民度が落ちてるわ。
    色々な抑止に繋がるのだから、警察はもっと取締りをしないといけない。

引用元:Yahoo!ニュース

ネット上では様々な視点から様々な非難のコメントが見受けられました。

その中で、重罪化を求めるコメントが多く見受けられた印象です。



まとめ

事件のポイントをまとめます!

1. 自転車をはねてそのまま逃走

2. 男は免許が失効したまま車を運転していた

3. 無免許過失運転傷害等の疑いで37歳の男を逮捕

4.「 免許失効がバレるのが怖くて逃げた」と供述

相変わらずひき逃げ事件は無くなりませんね。

ひき逃げ事件は、人をはねた事を認識した上での犯行なので、本当に許せません。

その逃走する理由は様々ですが、一つの共通点としては逮捕されたくないというワガママですよね。

悪いことをしたにも関わらずこのような事をする人間には、やはり重罪化は必要かなと思います。

人気記事

パソコン一つで高級車を次々と窃盗!その被害額がヤバい!驚きの手口は?



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする