check_box 9日間頑張った小澤莉奈ちゃん息を経つ。自分達を責めるしかない両親は何を想うのか。 - 最近のリアルガチ

9日間頑張った小澤莉奈ちゃん息を経つ。自分達を責めるしかない両親は何を想うのか。

お盆休み真っ最中の方も、今日からお仕事の方も居られると思いますが、お盆休み中の水難事故が相次いでいます。

8月4日、家族とキャンプに来ていた小学2年生の女の子が、溺れて心配停止の状態が長く続いていましたが、13日死亡が確認されました。

何故このよう事になったのか事件を詳しく見ていくとともに、ネットニュースでも数多くの水難事故を見ることから、原因についても調査していきます!




 事件の詳細


死亡したのは茨城県牛久市の小学2年生、小澤莉奈さん(8)です。
警察によりますと、莉奈さんは今月4日、富士河口湖町の西湖で水遊びをしている時に溺れ、心肺停止の状態で病院に運ばれて治療を受けていましたが、13日、死亡しました。
死因は溺死だということです。
警察によりますと、莉奈さんは茨城県の自宅から家族4人で西湖湖畔のキャンプ場に遊びに来ていて、両親から離れた場所で1人で水遊びをしていたと見られるということです。
また、莉奈さんが見つかった場所は湖の岸から10メートルほど離れた場所で、水深は1メートルほどと、急に深くなっている場所だということです。

引用元:NHK

出典:NHK




 被害者のプロフィール


名前:小澤莉奈

年齢:8歳

住所:茨城県牛久市

職業:小学生

今現在までに、被害者の顔画像は公開されていませんでした。

 原因は?


今回の水難事故ですが、原因は様々あることが分かりますね。

まず海や川、今回は湖とのことでしたが、このような場所で泳ぐ際に小学2年生を1人で泳がすと言うことは考えられませんね。確実に一番の原因でしょう。

発見した人も別で泳ぎに来ていた男性と言うことなので、実際はどのように溺れたかも分からないですし、溺れさせられた可能性だって0では無いんです。親は何も考えてなかったかもしれませんが、それくらい今回やってしまった事は重大なことです。

次に小さい子供が泳ぐ際には特にですが、「ライフジャケット等浮き具の装着」が重要ですね。

親がどれくらい放置していたのかは分かっていませんが、助かっている可能性は充分あったでしょう。

非常に痛ましい事故です。




 ネット上の反応


このような声が世の中で上がってます。

  • 小さな子供には特にライフジャケットは必要です。目を離した親の責任でもあるかと。もっと危機感持って…

  • 他の関係ない人に発見されるって
    どういうこっちゃ?

  • 海や川の子供の事故が絶えませんね。
    私も海の側に住んでいますが、子供と海水浴には行ったことがありません、磯遊びが何回かです。

  • 8歳の女児が両親と離れて泳いでいた。その時点でアウトと思います。

  • 夏は家でクーラー全開で過ごすのが無難

引用元:Yahoo!ニュース

今回の事件ですが、ネット上では様々なコメントを見受けられました。キーワードで多かったのが、断トツで「ライフジャケット」でした。海・川で、ましてや小さな子供となると、付けるのは当然でありますね。皆様は、今回の事件についてどう感じたでしょうか。

 最後に


このような事件は、ホントに心が傷みます。

水難事故は、様々な年齢で起こりうることですが、今回のように小学生低学年くらいの年齢だと、ほとんどが親の責任だと思います。

数千円をケチったり、めんどくさいから買わない代償は、あまりにも大き過ぎます。後悔してもどうしようも出来無いことなので、海等このような場所では、最悪のケースを考えて行動しなければなりません。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする