check_box 雫川貴博!修学旅行帰りの元教え子を家に連れ去る!?驚きの手口とは?? - 最近のリアルガチ

雫川貴博!修学旅行帰りの元教え子を家に連れ去る!?驚きの手口とは??

誘拐事件によるニュースです!

修学旅行から空港に帰って来た女子高生を連れ去ったとして未成年者誘拐容疑で臨時講師の男が逮捕されました。

帰ってこない娘を母親が心配し、署に相談したことで発覚しました。

ネット上では、この事件が『誘拐か誘拐じゃないか』という事に対しての激しい討論が繰り広げられていました。

学校の先生が述べているとは思えない開き直り過ぎている供述に注目しつつ、

事件を見ていきましょう!



 事件の詳細

大阪府内の女子高生(17)を連れ出して自宅に泊めたとして、大阪府警高槻署は26日、未成年者誘拐容疑で兵庫県尼崎市立小学校臨時講師の雫川貴博容疑者(41)=大阪府箕面市森町北=を逮捕、送検したと発表した。「誘拐などということは、何をもってそんなことになっているか分かりません」と容疑を否認しているという。

逮捕容疑は、22日夜、高校の修学旅行先から大阪(伊丹)空港に帰ってきた女子高生を、未成年者と知りながら両親に許可を得ずに、携帯電話で誘い出したうえ、豊中市の空港前で車に乗せて連れ出し、23日朝まで自宅に泊めたとしている。両親が同署に相談していた。

同署によると、女子高生は、雫川容疑者が府内の中学校で講師をしていた際の学校の生徒だったという。

尼崎市教育委員会は「事実確認をしたうえで、適切に対応する」としている。

引用元:iza

出典:ABCニュース




容疑者プロフィール

名前:雫川貴博

年齢:41歳

住所:大阪府箕面市森町北

職業:小学校臨時講師

顔画像やSNSは?

今現在までに、どのメディアでも容疑者の顔画像は公開されていませんでした。

Facebookを調査しましたが、この珍しい名前と同じ同姓同名のアカウントは存在していませんでした。

ツイッター等その他SNSも調査しましたが、こちらも同様アカウントを特定する事は出来ませんでした。

顔画像に関しては、後程公開されることも多々ありますので、公開され次第、更新致します!



ネット上の反応

このような声が世の中で上がってます。

  • 誘拐の定義をハッキリさせる必要があると思う。
    家出未成年の補導も厳しく処罰の対象にしてもいいと思うよ。

  • 自分の意志で講師宅に行ったかもしれないし、はっきりさせた方がいい。でも、修学旅行後に自宅に帰らないのはマズイでしょ。帰りたくなかったかも知れないけど。

  • 連絡すればいい話w

  • 付き合っていたかも知れないが、親御さんにしたらそんなこと知ったこっちゃないだろう。2日も居なければ心配になり届けも出すでしょう。

  • 女子高校生の意思で移動したかも知れないが、十七歳未成年を両親了解を得ずに確保し、両親が捜索届けをした以上、営利誘拐に問われる。
    もし、阿呆教員が肉体関係を持って居たとすれば、もっと厄介な問題になる。

  • あほか40過ぎでなにしとんじゃ
    恥を知れ恥を。若い女の子もついてくなあほ

  • 互いの納得での逮捕はどうかな!
    高校生も家に連絡してから行けば捜索願いは出さないはずで連れ去りにはならなかったのに 結局 男が馬鹿をみるね、

  • 誘拐にしとかないと、いろんな言い訳をする奴が出てくるからな。

引用元:Yahoo!ニュース

今回の事件ですが、色々な角度から様々な意見が飛び交っていました。

事件の根本的な、『誘拐か誘拐じゃないのか』というのも意見が真っ二つでした。

皆さんはどのように思われましたか?



まとめ

簡単に事件を振り返ってみます!

1. 修学旅行から空港に帰って来た女子高生を両親の許可を得ず自宅に連れ去った疑い

2. 未成年者誘拐容疑で小学校の臨時講師の男を逮捕

3.『誘拐などということは何をもってそんな事になっているか分かりません』と供述

4. 女子高生はこの男の元教え子だった

今回の小学校講師による誘拐事件ですが、ネット上では凄く意見が割れましたね。

教師と生徒だったという二人がどのような関係だったのかという事が明らかになってませんが

仮に二人が極秘でお付き合いしてたとしても、

学校の先生という立場である以上は、合意があったとしても、今回のタイミングを選んだのは大きな間違いですし、簡単に許される事ではないと思われます。

根本的にこの講師の男に問題があるのですが、

教え子の女子生徒に親へ連絡1つさせていたらまた違った流れになっていたことでしょう。

トラックの運転手がマイカーで飲酒当て逃げ!その逃走理由から二度と車に乗してはいけない!?



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする