check_box 大瀧敦の顔画像は?ひき逃げで逮捕された男にもう1つ犯した犯罪が判明! - 最近のリアルガチ

大瀧敦の顔画像は?ひき逃げで逮捕された男にもう1つ犯した犯罪が判明!

交通事故によるニュースです!

自転車に乗っていた女子大学生をひき逃げしたとして、車を運転していた男が逮捕されました。

『またひき逃げか~』と思う方も多いでしょう。しかし、この男が犯した事は、ひき逃げだけでは無かったのです!

では事件の詳細をご覧ください!



事件の詳細

20日夜、相模原市内を軽トラックで走行中に、自転車の女子大学生をはねそのまま逃走したとして、21日に27歳の男が逮捕されました。男は免許取消中だったということです。

ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは、相模原市の会社員、大瀧敦容疑者です。 県警によりますと大瀧容疑者は20日午後8時前、相模原市中央区上溝の交差点を軽トラックで走行中、自転車に乗っていた20歳の女子大学生をはね、そのまま逃走した疑いが持たれています。 女子大学生は骨盤の骨を折る大ケガをし、このおよそ2時間後、大瀧容疑者が近くの交番に出頭してきました。 大瀧容疑者は当時免許取り消し中で、県警の調べに対し「初めて人をひいてしまいパニックになって逃げた」と容疑を認めているということです。

引用元:テレビ神奈川

出典:TVK




容疑者プロフィール

名前:大瀧敦

年齢:27歳

住所:神奈川相模原市

職業:会社員

顔画像やSNSは?

このような声が世の中で上がってます。

今現在までに容疑者の顔画像は公開されていませんでした!

Facebookを調査した結果、漢字が同じの同姓同名アカウント1つと、ローマ字アカウント7つ存在してしましたが、アカウントの特定には至りませんでした。

インスタグラム等その他SNSも調査しましたが、こちらも同様アカウントの特定には至りませんでした。

また新たな事が分かり次第、更新します!

無免許運転ひき逃げの罪は?

容疑者の男には、以下のどちらかの罪が下されそうです。

無免許運転は3年以下の懲役又は50万円以下の罰金ですが、過失運転致死傷罪で有罪になれば7年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金に処されます

そもそも過失運転致死傷罪とは?

自動車を運転する際に必要な注意を怠って、人を死傷させた場合に適用される事を言います

もう1つ該当する犯罪がこちらです!

危険運転致死傷罪とは?

飲酒・無免許運転などの危険な運転により相手を死傷させた場合に適用される罪です。法定刑は『被害者が負傷:15年以下の懲役』『被害者が死亡:1年以上の有期懲役』と非常に重い罰則が設けられています。

2つを見比べると全く罪の重さが違いますね。いったいどのような判決がくだされるのでしょうか。

この2つのどちらかとなると、皆さんの望みは言うまでもありませんね。



ネット上の反応

このような声が世の中で上がってます。

  • 無免許運転の厳罰化を!

  • 被害者が早く回復する事を祈ります。と、共に加害者には厳罰を望む!

  • 免許証がICカードになったのだから、免許証を差し込まないと動かないようにしてほしい。

  • 確かに免許取消って処分は人によっては重い罰かも知れないけど、今回のように無免許で運転する奴には無意味だよね、交通事故には厳罰が必要と思う。

  • この男には一生免許与えない方がいい。

  • 免許取り消し食らってる時点で初めて人を引いて・・・じゃないやろ普通は取り消しなんて食らわないから!会社で車使うから免許取り消し言えなかったんだろけどよかったね!懲戒でそんな気にする必要もなくなったぞ。

引用元:Yahoo!ニュース

今回の事件ですが、ネット上では容疑者に対する避難の声が集中しました!まあ、当然の声ですね!真っ先にそこにいきつくと思います!

容疑者に対する避難の声と同時に、無免許運転の厳罰化を求める声が同じくらい多く見受けられました。

皆さんはこの事件、どう感じられましたか?

まとめ

まず事件を簡単に振り返ってみます!

1. 軽トラックで走行中の男が、自転車の女子大学生をはねそのまま逃走

2. 2時間後に近くの交番に自ら出頭

3. 「初めて人をひいてしまいパニックになって逃げた」と容疑を認めている

4. 調べによると、男は免許取消中だった事が判明

今回の事件、本当に酷過ぎて言葉になりません。

毎日のように、ひき逃げや無免許運転で逮捕される者がいますが、今回の容疑者の男はダブルでした。許せません。

このような人間達がいるお陰で、毎日どこかで被害者になっている人達がいることを考えると、本当に腹立たしく、厳罰化をせざるを得ないと心から思います!

それがこの世の中の幸せに繋がる事ですからね



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする