check_box 飯田昌孝の顔画像は?80歳の認知症で無免許運転!高齢者の免許返納させるには? - 最近のリアルガチ

飯田昌孝の顔画像は?80歳の認知症で無免許運転!高齢者の免許返納させるには?

高齢者の無免許運転による事件です!

無免許で車を運転し、物損事故を起こしたとして、80歳の認知症の男が道路交通法違反の疑いで逮捕されました。

男は今年7月に免許取り消し処分を与えられていたのですが、家族は運転を止めることが出来なかったということです。

このような高齢ドライバーに免許返納させるにはどのようにしたらいいのかを調査しました!

さっそく事件について見ていきましょー!



事件の詳細

認知症を理由に免許を取り消されたのに車を運転したとして、福岡県警は14日、北九州市八幡西区本城、自称飲食業の飯田昌孝容疑者(80)を道路交通法違反(無免許運転)の疑いで現行犯逮捕し、発表した。

八幡西署によると、飯田容疑者は14日午前1時25分ごろ、北九州市八幡西区熊手2丁目の市道で、無免許のまま乗用車を運転した疑いがある。店の看板にぶつかる事故を起こし、警察官から事情を聴かれ、当初は「免許証を家に忘れた」と話したが、実際は7月に認知症を理由に免許を取り消されていた。

飯田容疑者は容疑を認め、「免許取り消し後も、店の従業員を家に送るためにずっと運転していた」と供述しているという。この日も車に妻と従業員の女性を乗せていた。妻は「いけないとわかっていたが、夫の運転を止められなかった」と話しているという。

引用元:朝日新聞

出典:ANN




容疑者プロフィール

名前:飯田昌孝

年齢:80歳

住所:福岡県北九州市八幡西区本城

職業:飲食業(自称)

顔画像やSNSは?

今現在までに、容疑者の顔画像は公開されていませんでした。

Facebookを調査した結果、10アカウントほどの同姓同名アカウントが存在していたのですが、特定することは出来ませんでした。

ツイッターやインスタグラム等その他SNSも調査しましたが、こちらも同様アカウントの特定には至りませんでした。

顔画像に関しては、後程公開されることも多々ありますので、公開され次第、更新致します!

高齢者に免許返納させる方法

皆さんまず一番はじめに行う事が、その人の性格等に応じた言葉を投げ掛ける事でしょう。

しかし、頑固な高齢者はそんな事で首をたてに振りませんし、年老いていることすら認めません。

ではどうしたらいいのか?となりますが、説得法で一番有効なのは病院に行き、医者に後押ししてもらう方法でしょう。

しかし、これも無視する人は無視するでしょう。

そこで一番根本的に見直す場所は免許更新制度です。

高齢者の免許更新で今問題となっているのが、運転免許を取る時に受ける実地試験とは異なり、受けた人は運転ミスをしても修了証が貰え、免許の更新ができてしまうというところです。

これでは免許更新の意味もありませんし、運転技術が追い付いていない高齢ドライバーも増加するわけです。



ネット上の反応

このような声が世の中で上がってます。

  • 高齢化社会が進む中で、免許証に関する法を改定すべき時。
    認知症などを理由に責任が問われない・・・
    精神鑑定により責任が問われない・・・などなど
    被害者が続出する可能性大。今のうちに手を打たないと大変なことになる。

  • 罪に問うことは出来ないだろうが
    運転を阻止できなかった家族にも責任がある

  • 法律を守れない人多いですね(´・ω・`)厳罰化しないと、こういう無法者の被害者になった場合その人も遺族もたまったもんじゃない。

  • おそらく無免許の輩は全国で数万人は居ると思う

  • 車も取り上げないとね。
    とは言え、免許持ってない妻にはどうしていいかわからんだろうし、怖くてどうしようもできなかったかもしれんし。
    認知症で凶暴化する人いるからね・・・。
    難しい問題・・・。

  • 免許証をセットしないと運転できない車にすべきだよ。
    ICチップも入ってるんだし。

引用元:Yahoo!ニュース

認知症もそうですが80歳の高齢者という事から、「高齢者の免許制度を変えよう」というコメントが多く見受けられました。

皆さんはこの事件、どのように感じましたか?



まとめ

簡単に事件を振り返ってみます!

1. 無免許で車を運転し事故を起こした疑い

2. 80歳の男を道路交通法違反の疑いで逮捕

3. 男は今年7月に認知症が理由で免許取り消しになっていた

4. 「いけないとわかっていたが、夫の運転を止められなかった」と妻は話す

毎日毎日、飲酒ひき逃げ等を筆頭に様々な交通事故のニュースが全国各地で報じられておりますね。

今回の事件は、認知症の高齢者が免許取り消しになったにも関わらず、車を運転し物損事故を起こすというものでした。

この事故が物損事故でとどまった事が不幸中の一番の幸いでした。

それにしても、80歳と高齢の上に認知症というプロフィールは恐ろしすぎるものがあります。

運転してるところを想像するだけで寒気がするくらいです。

高齢化社会の真っ只中で今の現状だと良くなる事はありませんし、大きな事故が起きてからの対処ではいつもと同じ繰り返しなんです。

何の責任もない将来がある子供の命が奪われる事件はこれ以上見たくありません。

同じアパートの住人をナイフで刺す!騒音トラブルが原因か?



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする