check_box 横山茂男の顔画像は?大型トラックで小学生の自転車をはね殺す!会社も特定! - 最近のリアルガチ

横山茂男の顔画像は?大型トラックで小学生の自転車をはね殺す!会社も特定!

大型トラックによる交通事故のニュースです!

大型トラックがガソリンスタンドに入ろうと左折したところ、歩道を自転車で走っていた小学生がはねられて死亡するという事件が発生しました!

この事件により過失運転障害の疑いで、51歳のトラック運転手の男が逮捕されました。

いったい事故の原因は何だったのでしょうか。

なんと会社も特定することができました!

さっさく事件を詳しく見ていきましょう!



事件の詳細

28日午後、埼玉県所沢市で、トラックと小学生の男の子が衝突する事故がありました。男の子は死亡し、警察は運転手の男を逮捕しました。

28日午後1時すぎ、所沢市の市道で「自動車と自転車に乗った男の子の事故があった」と、男性から119番通報がありました。

警察によりますと、トラックが左折してガソリンスタンドに入ろうとしたところ、歩道を自転車で走っていた小学生の男の子と衝突したということです。男の子は病院に運ばれましたが、その後、死亡が確認されました。

警察はトラックを運転していた日高市に住む横山茂男容疑者(51)を、過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。横山容疑者は容疑を認めているということで、警察は事故の詳しいいきさつを調べています。

引用元:TBSニュース

出典:JNN




容疑者プロフィール

名前:横山茂男

年齢:51歳

住所:埼玉県日高市

職業:トラック運転手

顔画像やSNSは?

今現在までに、容疑者の顔画像は公開されていませんでした。

Facebookを調査した結果、漢字が同じの同姓同名アカウントは数多く存在していたのですが、容疑者の情報と一致するアカウントが存在しませんでした。

ツイッターやインスタグラム等その他SNSも調査しましたが、こちらも同様アカウントの特定には至りませんでした。

顔画像に関しては、後程公開されることも多々ありますので、公開され次第、更新致します!

会社を特定!!

調査を進めていたところ、今回事故を起こした会社を特定することが出来ました。

その会社のホームページがこちらです!

次にこの会社の社長の顔画像と共に経営理念が語られているものがありました。こちらです!

これが今回大事故を起こしてしまった会社の情報なのですが、どのように感じられましたでしょうか?



ネット上の反応

このような声が世の中で上がってます。

  • 子供が被害者となる事故はあまりに痛まし過ぎる。自転車で真っ直ぐ走っていた子供にしてみれば、トラックが斜め後ろから巻き込んで来たら避ける事は難しいと思う。自分もいつ加害者や被害者になるかも知れず、他人事ではない

  • ある日突然幸せが奪われてしまう…行ってきますと言った人が2度と戻らなくなってしまう…それが交通事故…ですよね…。

  • 楽しいクリスマスも終わって、これからお年玉をもらえる正月を楽しみにしていたのにね。
    自転車も車もお互いに注意が必要だし、特に子供の自転車には気をつけないと。

  • 見えていない運転手が多いだろうと思っていたほうがいい。
    逆に歩行者も何してくるかわからんと思って運転したほうがいい。

  • 冬休みで楽しみ沢山待ってただろうに…
    辛い事故ですね

  • 運転手もハンドルを握ったら自分の家族のこと考えて安全運転に務めましょう。被害者家族は勿論だが自分の家族も不幸に陥ってしまう、幾ら悔やんでも時は戻せない!

  • 運転手の注意義務違反はどうにかならないのかなぁ。少しの確認で済むはずなんだけど。
    トラックに限らないけどうちの子が被害者で死亡なんてしたら運転手の家族を次々と車で轢いてやる事しか考えられなくなる。

引用元:Yahoo!ニュース

運転手側と自転車側になったつもりでのコメントに分かれ、普段運転する人の運転手側の気持ちと、小さな子供を持つ母親の自転車側の気持ちに対する真っ二つに分かれました!

皆さんはこの事件、どのように感じましたか?



まとめ

簡単に事件を振り返ってみます!

1. 大型トラックがガソリンスタンドに入ろうとしたところ自転車の小学生をはねた疑い

2. 過失運転傷害の疑いで51歳のトラック運転手の男を逮捕

3. 「事故を起こしたことは間違いない」と供述

4. 事故の経緯を調査中

毎日、悪質過ぎる飲酒引き逃げ運転をはじめ、ごく一般的な交通事故が寒気が強まると共に年末に近づくにつれ、増えてきているように感じます。

このニュースを見た殆どの人達が、この被害者の事を知らない、いわゆる赤の他人でしょう。

それが、実際に自分の子供、ましてや被害者本人て事が問答無用にあり得てしまうのが、この今回のような交通事故なのです。

毎日運転する事が当たり前になっているので、特に気を付けようという意識も芽生えて来ないかもしれませんが、いつ・どこで・誰にでも起こる事が有りうるのがこの交通事故だって事を、勿論加害者の立場でも、そして被害者の立場でも考えて路上にでることが、事故率を下げる方法であります。

飲酒ひき逃げを犯した後の安定の決まり文句とは?聞いたら『あーこれか!」というやつ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする