check_box 門坂慎一郎の顔画像は?父親を踏みつけて殺害!当たり前の事が殺害事件になる!? - 最近のリアルガチ

門坂慎一郎の顔画像は?父親を踏みつけて殺害!当たり前の事が殺害事件になる!?

親子間での大きな事件です!

父親の顔を踏みつける等して死亡させたとして、傷害の疑いで25歳の息子が逮捕されました!

この2人の間には、いったい何があったのでしょうか。

ネット上ではその様々な憶測が沢山飛び交っていました!そこに注目しながら、

事件について詳しく見ていきましょう!



事件の詳細

1日夜、滋賀県野洲市で56歳の父親の顔を踏みつけるなどして大けがをさせたとして、25歳の息子が傷害の疑いで逮捕されました。
父親はその後死亡し、警察は容疑を傷害致死に切り替えて詳しいいきさつを調べています。

野洲市小篠原の無職、門坂慎一郎容疑者(25)は、1日午後9時ごろ、自宅や近くの路上で、父親の雅弘さん(56)の顔を踏みつけるなどの暴行を繰り返して大けがをさせたとして、傷害の疑いで逮捕されました。
警察によりますと、調べに対し「自分がやりました」と容疑を認めているということです。
門坂容疑者はアパートで雅弘さんと2人で暮らしていて、事件当時、近所の人が「助けてください」という男の人の大きな声を聞いていたということです。
雅弘さんはその後、搬送先の病院で死亡し、警察は容疑を傷害致死に切り替えて詳しいいきさつを調べています。

引用元:NHK

出典:NHK




容疑者プロフィール

名前:門坂慎一郎

年齢:25歳

住所:滋賀県野洲市小篠原

職業:無職 

顔画像やSNSは?

今現在までに、容疑者の顔画像は公開されていませんでした!

Facebookを調査した結果、同姓同名のアカウントは存在しておりませんでした。

インスタグラム等その他SNSも調査しましたが、こちらも同様アカウントの特定には至りませんでした。

顔画像に関しては、後程公開されることも多々ありますので、公開され次第、更新致します!

ネット上の反応

このような声が世の中で上がってます。

  • 自分の子供に殺されるほど無念な事は無い。

  • どういう経緯かはわかりませんが、いい歳して無職ということを日頃から言われ続けたのか、単になかが悪かっただけなのか。理由はどうであれ殺さなければいけなかったか?それも肉親を?顔を蹴りつけて死なす様を想像すると恐ろしいです、最近は加減を知らない若者が多すぎる気がします。

  • 2人暮らし、、、いろいろあるんだろうが、、父も抵抗できなかったんだろうか、

  • 無職で父親に養ってもらってたのに今後は殺人犯としてより就職が厳しくなり、唯一の頼れる父親も自分が殺してしまい…
    未来は無いですね。生きていけませんよ。

  • 生活態度を注意され、感情的になった息子が行き過ぎて殺してしまった感じかな。

  • 親の心子知らず・・地で行くとはね?父親が気の毒だわ・・赤ちゃんの
    時は可愛がったんだろうけどな・・何ともお粗末な息子だわ。

  • 日本は人手不足なのに何で無職が多いの?外国人に頼らなくても良いのでは!

引用元:Yahoo!ニュース





今回の事件ですが、ネット上では色々な角度から見たこの事件に対する声を多く見受けられました!

その様々な声の中でも、『父親が可哀想』というコメントが圧倒的に多かったように思います。

皆さんはこの事件、どのように思われますか?

まとめ

簡単に事件を振り返っていきたいと思います。

1. 父親の顔を踏みつけるなどの暴行を繰り返して大けがをさせた疑い

2. 傷害の疑いで25歳の息子を逮捕(父親はその後死亡)

3. 調べに対し『自分がやりました』と供述

4. 警察は容疑を傷害致死に切り替えて調査中

今回の事件ですが、あまりにも辛すぎますね。

高齢化社会が進むに連れて、介護疲れした子供が8,90代の親を殺害してしまう事件が多発していますが、

ここ最近では、職に就けてない息子に親が心配して色々言い続ける事で、子供にはそれがストレスとなり結果的に親を殺害するというケースが多発しているのですが、

今回の事件はまさにそのパターンだったかのように思います。

子供の為に言い続けた親と、それを気づけず(生活させてもらっている有り難みすら理解出来ず)に殺害してしまった子供。

あまりに極端でありますが、親の事を思うと本当に心が苦しくなります。

今現代では様々な犯罪が発生しておりますが、

今の傾向だとこのような事件が減ることは無いように感じます。

今の時代にあった対策を立てて実行することが

何よりも必要かと思います。

息子が父親の顔を踏みつけて殺害!?ネット上で、この親子を知っているとの声を見受けられる!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする