check_box 保元太志の顔画像やツイッター!7歳の女児に強制性交!再犯防止でGPSの効果は? - 最近のリアルガチ

保元太志の顔画像やツイッター!7歳の女児に強制性交!再犯防止でGPSの効果は?

7歳の女の子を公衆トイレに連れていき、わいせつな行為をしたとして27歳の男を強制性交の疑いで逮捕しました。

男は1年前にも性犯罪で逮捕されていたということです。

以下が調査内容になります!

報道内容

小学生の女児(7)を公衆トイレに連れ込んでわいせつな行為をしたとして、警視庁練馬署は強制性交容疑で、住所不定、無職、保元(やすもと)太志容疑者(27)を逮捕した。調べに対し「性欲を満たすために衝動的にやった」と容疑を認めている。

逮捕容疑は4日午前8時半ごろ、東京都練馬区に住む女児を区内の公衆トイレに連れ込み、わいせつな行為をしたとしている。女児にけがはなかった。

同署によると、保元容疑者は1人で外出していた女児の後を数百メートルにわたってつけており、公衆トイレの近くで女児の手をつかんで中に連れ込んだという。

保元容疑者は昨年3月にも豊島区内の路上で、通学途中の女子高校生=当時(17)=を追いかけて体を触ったなどとして、池袋署が同4月に強制わいせつ容疑で逮捕していた。

引用元:産経新聞




容疑者について

名前:保元太志

年齢:27歳

住所:不定(元々は板橋区)

職業:無職

恋愛:不明

昨年逮捕された時には、住居が板橋区と報じられており、現在無職ということから、お金も無く家も無く、住むところを転々としているのでしょう。

顔画像やSNS

まず容疑者の情報を探るべく、顔画像を調査したのですが、送検されているところが公開されていました。

こちらです!

次にSNSの中で、容疑者のアカウント特定率が一番高いFacebookを調査しました。その結果アカウントを特定する事が出来ました。

こちらがFacebookのアカウントです!

次にインスタことインスタグラムを調査しましたが、同姓同名のアカウントは存在しておりませんでした。

最後にツイッターを調査しました。その結果、アカウントを特定する事が出来ました。

こちらがツイッターのアカウントです!

再犯防止の必要性

世の中に再犯を繰り返す人はたくさんいますがその中でも性犯罪は再犯率が高い犯罪と言われております。

そこで、性犯罪の再犯を繰り返す男が存在する限り、今回の事件の少女のように、必ず被害者も存在してしまいます。

特に純粋な子供がこのような被害をうける事は今後の人生を生きていく中でトラウマになりかねないので、再犯防止策は絶対必要になります。



再犯防止でGPSの効果は?

世界の中には、再犯を防止する為にGPSを装着して、24時間監視するという再犯防止を行っている国も多々あります。

お隣の国、韓国でも既に再犯を犯しそうな犯罪者にGPSを装着させる制度を始めてから10年と言われています。

韓国でも、性犯罪の再犯者が特に多いことからこの制度を始めたそうですが、この制度を始める前と比べて8分の1にまで再犯者が減ったそうです。

犯罪者に甘過ぎる日本も、何らかの防止策を実施する必要性は言うまでもありません。

ネット上の反応

このような声が世の中で上がってます。

  • 被害者少女の事を思うと涙が出る。
    今後 心のケアをしっかりして欲しい!!

  • >女児にけがはなかった。
    心に大きなキズ(けが)をしています。無職だけに暇なのか、人様に害を与えるのだけは止めてほしい。

  • 日本では「名前を知られてもいいのか」と被害者のプライバシーで脅して示談による不起訴に持ち込まれ、このように再犯を繰り返したり
    驚くような軽い刑にしかならない
    性犯罪に甘い日本こそGPSを埋め込んで欲しい

  • 性犯罪や薬物犯罪は再犯するものとして捉えるべき。
    アメリカの州法にあるように、前科者はGPSを体内に埋め込み警察の管理下に置くべきだ。

引用元:Yahoo!ニュース

ネット上では、被害者の少女のメンタル的な部分の心配な声や、GPSの埋め込みについてのコメントが多く見受けられました。

まとめ

事件のポイントをまとめます!

1. 小学生の女児を公衆トイレに連れていきわいせつ行為を犯す

2.「性欲を満たすために衝動的にやった」と供述

3. 男は約1年前にもわいせつ容疑で逮捕され、今回で2度目という事から何らかの対策が必要

4. ネット上でも上がっているようにGPS装着の実施も必要

今回の事件を改めて見直しますと、性犯罪者の再犯防止がいかに必要な事かが分かります。

今回の事件、報道でケガは無いと報じられておりますが、先ほども述べたように、女の子の心の問題が凄く気になります。

なのでこのような被害者を出さない為に、政府は生きやすい国作りをしてほしい限りです。

人気記事

セクシー女優の紗倉まなをツイッターで脅迫した男(43)が更けすぎ!?(笑)そのアカウントを調査!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする