check_box 堀越亮佑の顔画像やSNS!車ではねて新聞配達の男性死亡!許せない事故原因と改善策! - 最近のリアルガチ

堀越亮佑の顔画像やSNS!車ではねて新聞配達の男性死亡!許せない事故原因と改善策!

1日の夜朝、新聞配達をしていた男性が乗用車に乗っていた男に衝突され、死亡するという事件がありました。

この男は通勤中だったという事ですが、供述から判明した事故原因がとても酷く許されるものではありませんでした。

以下が調査内容になります!

新聞配達の男性がはねられる

1日午前3時10分ごろ、群馬県藤岡市小林の国道254号で、藤岡市藤岡の新聞配達員、中野祐治さん(56)の原付きバイクに乗用車が追突し、中野さんは頭を強く打って搬送先の病院で死亡が確認された。

藤岡署は、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、乗用車を運転していた前橋市朝倉町の会社員、堀越亮佑容疑者(28)を現行犯逮捕した。堀越容疑者にけがはなく、容疑を過失致死に切り替えて調べている。

同署によると、中野さんは新聞配達中だった。堀越容疑者は出勤途中で、「前をよく見ていなかった」と供述しているという。

引用元:産経新聞

容疑者について

名前:堀越亮佑

年齢:28歳

住所:群馬県前橋市朝倉町

職業:会社員

恋愛:不明



顔画像やSNS

皆さんが容疑者の情報で気になるのは顔でしょう。そこで容疑者の情報を探るべく、顔画像を調査したのですが、現時点では公開されておらず、特定する事も出来ませんでした。

次にSNSの中で、容疑者のアカウント特定率が断トツで高いFacebookを調査したのですが、同姓同名のアカウントは一つも存在しておりませんでした。

次にインスタことインスタグラムを調査したのですが、こちらは多数のアカウントが表示されるも、特定することは出来ませんでした。

最後にツイッターを調査したのですが、こちらもFacebook同様に同姓同名のアカウントは存在しておりませんでした。

事故原因と改善策

新聞配達をしていた男性が乗用車にはれはれて死亡するという事件でしたが「前をよく見てなかった」というのが事故原因でした。

もうこれ以上のない事故原因ですが、ここ最近では昼夜問わずに、前を見ていなかったと逮捕後の供述で述べている加害者を沢山見受けられるように思います。

通勤途中ということもあり呆然としていたのか携帯をいじるなどのながら運転をしていたのかは判明しておりませんが、これらは前を見て運転していない事には変わりがないという共通点があります。

車は走る凶器とも言われるほど、身近にある危険な物です。

運転だけではありませんが、人間は慣れてくると集中力を欠き余計な事をして失敗することがありますが、運転に関しては人の命を簡単に奪ってしまうというリスクがあるにも関わらず、前を見ずに運転していたという事は殺害事件のようなものです。

殺意が無いからという問題ではありません。

ほぼテロと同じです。

このような事件を減らしていくために、法律の改善、交通違反の取り締まり等、様々な見直しが必要です。



ネット上の反応

このような声が世の中で上がってます。

  • 新たな時代の幕開けの日に早朝からお仕事頑張っていたのに。
    前をよく見ていなかったって…
    車は前をよく見て運転するものです。

  • 今日産まれる人もいれば今日亡くなる人もいる。でも無駄死には避けたいよね。今日に限らずだけど。

  • 注目度を上げるためにわざわざ令和を絡めて記事にする。
    人の不幸を姑息に利用するこういうやり方は平成に置いて来て欲しかった。

  • ひき逃げだったり見ながら運転とか
    明らかにふざけていた場合、さらにそれで殺した場合
    極刑でいいよ。懲役数年とか論外だ。
    まずこういう人命軽視法律を改正するべき。

引用元:Yahoo!ニュース

ネット上では、男の供述から判明した事故までの仮定に苛立ちの思いをコメントしていた方が多く見受けられました。

まとめ

事件のポイントをまとめます!

1. 新聞配達中の男性が車にはねられる

2. 男性は死亡

3.「前をよく見ていなかった」と供述

4. この種の事件の厳罰化が必要

今回の事件に限らず、5月1日に発生した事件を様々なメディアが令和元年の初日で…という記事の見出しが沢山見受けられたのですが、正直関係ないと言うかこじつけに聞こえてきて仕方ありません。

それに今回の被害者の男性は、この令和になった新聞を届けている最中だったという事から、とても残念に思います。

事故の原因は「前を見ていなかった」という事故が起きて当然の事でした。

本当にあった事を供述するのはとても大切な事ではありますが、いくら自分も令和になった夜朝に出勤するのが辛かったとしても、車を運転する資格を持っているものとしては許されません。

やはり出会い頭の交通事故とは訳が違います。

犯した事の重大さ、本人がそれを自覚する為、被害者遺族に納得してもらう為にも厳罰を望みます。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする