check_box 高田栄治の顔画像こちら!帰宅途中の女子高生の尻を触り倒した!?犯行動機は? - 最近のリアルガチ

高田栄治の顔画像こちら!帰宅途中の女子高生の尻を触り倒した!?犯行動機は?

引用元:www.bengo4.com

帰宅途中の女子高生の尻を触った上に、転倒させてケガを負わせた疑いで、28歳の男が強制わいせつ傷害の疑いで逮捕されたした。

逮捕のきっかけは、安定の防犯カメラでした。

1. 報道内容

2. 容疑者について

3. 顔画像やSNS

4. 犯行動機

5. ネット上の反応

6. まとめ




報道内容

東京・江戸川区で帰宅途中の女子高校生の尻を触って倒したうえ、けがをさせたとして28歳の会社員の男が逮捕されました。

高田栄治容疑者は先月19日午後7時ごろ、江戸川区西葛西で歩いて家に帰る途中だった17歳の女子生徒の背後から口をふさぎ、尻を触ったうえに転倒させた疑いが持たれています。女子生徒は、ひざを打撲するなどの軽傷です。警視庁によりますと、高田容疑者が東京メトロ東西線西葛西駅の近くから女子生徒の後を追う姿が防犯カメラに映っていました。2人に面識はありませんでした。取り調べに対して「お尻を触ったことは間違いないが、転倒はさせていない」と容疑を一部、否認しているということです。

引用元:テレ朝ニュース

引用元:ANN




容疑者について

名前:高田栄治

年齢:28歳

住所:不明

職業:会社員

恋愛:不明

引用元:ANN




顔画像やSNS

まず容疑者の情報を探るべく、顔画像を調査しました。その結果、送検されていているところが公開されていました。それがこちらです!

引用元:ANN

次にSNSの中で、容疑者のアカウント特定率が一番高いFacebookを調査しましたが、アカウントを特定する事は出来ませんでした。

こちらがFacebookの検索結果です!

次に同姓同名アカウントの表示数が一番多い、インスタことインスタグラムを調査しましたが、こちらも同様にアカウントを特定する事は出来ませんでした。

こちらがインスタの検索結果です!

最後にツイッターを調査しましたが、ツイートもなく登録してあるだけの状態のアカウントが2つ存在しているだけでした。

SNSに関して、新たな情報を入手次第、更新致します!



犯行動機

現時点で男の犯行動機は報じられていませんがこれまで起きた同じ事件を参考に、犯行動機について考えていきたいと思います!

この手の事件で一番多いパターンが、元々狙っていた訳でもないが、「好みのタイプだった」と言うことでしょう。

たまたますれ違い様等に欲求を抑えれなくなり後ろから襲いかかるパターンです。

それや、お互いの住まいが近所等という何らかの理由で、男だけが一方的に知っていて(好意を抱いていて)、隠れて襲うという計画的犯行というところでしょう。

しかし動機はまだしも、そのヤバい欲求を抑えられないという事が考えられませんね。



ネット上の反応

このような声が世の中で上がってます。

  • さわり倒すってww

  • 強制わいせつ致傷は重罪です。刑事も民事も高い勉強させられるのは間違いない。自業自得だが。

  • 女子は常に背後を気にした方がいいと思う。
    スマホ見ながら歩くとか絶対してはだめ。犯人がもし捕まってもたいした罪にならず、泣き寝入りすることになるんだから被害は未然に防ぐしかない。

  • 最低~。

  • 正規雇用の野郎どもが、犯罪を犯すようになってますね。
    素晴らしい事です!
    正規雇用の連中は、どんどん犯罪を犯して、ネット民諸君をイジメてあげて下さい!

  • 仕事して風俗いけよ。
    ずっと尻触ってろ。

引用元:Yahoo!ニュース

ネット上では容疑者を非難するコメントが殺到していましたが、その中でも様々な刑罰を求めるコメントが多く見受けました。



まとめ

事件のポイントをまとめます!

1. 帰宅途中の女子高生の尻を強引にさわって怪我まで負わせた

2. 強制わいせつ傷害の疑いで、28歳の男を逮捕

3. 2人に面識はなく、男は一部容疑を否認

4. 逮捕のきっかけは防犯カメラ

相変わらずこのようなわいせつ事件のニュースも見ない日は少ないくらいですね。

今の世の中、様々なところに防犯カメラが設置されているにも関わらず、ばれないとでも思っていたのでしょうかね。

本当に呆れます。

ただ女子高生は軽いケガを負ったということですが、反抗すると逆上して殺害されたりするという事例もあるので、命に別状無かった事が何よりでした。

これから日が明るくなってきますので、女性は特に気を付けてほしいと思います。

人気記事

除雪車で人を巻き込み死亡事故発生!事故原因や今後の対策について!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする