check_box 源島ゆみ子の顔画像!産んだ赤ちゃんを遺棄!なぜバレた?死体遺棄罪を詳しく解説! - 最近のリアルガチ

源島ゆみ子の顔画像!産んだ赤ちゃんを遺棄!なぜバレた?死体遺棄罪を詳しく解説!

引用元:JNN

産んだ赤ちゃんの遺体を、押し入れに遺棄したとして、死体遺棄の疑いで25歳の女を逮捕しました。

この犯したことも酷すぎますが、供述を聞くともう呆れてしまいます。

本当にこの女の下で産まれた赤ちゃんが可哀想過ぎて、心が痛みます。

この女の家族構成や、死体遺棄罪についても調査していますので、早速見ていきましょう!



事件の詳細 

 赤ちゃんの遺体を自宅の押し入れに遺棄したとして、25歳の女が逮捕されました。

死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、群馬県伊勢崎市のアルバイト・源島ゆみ子容疑者(25)です。

源島容疑者は今月中旬ごろ、出産した女の子の遺体を自宅に放置した疑いがもたれています。

児童相談所の職員と市役所の職員が25日に警察署を訪れ、「今月2日に出産予定だった女性の出産が確認できず、子どもの安否も分からない」と相談し、警察が源島容疑者の自宅を調べたところ、押し入れの段ボール箱の中から遺体が見つかりました。

調べに対し、「子どもが死んだという認識はありません」と容疑を否認しているということです。

引用元:TBSニュース

引用元:JNN




容疑者プロフィール

名前:源島ゆみ子

年齢:25歳

住所:群馬県伊勢崎市

職業:アルバイト

恋愛ステータス:不明

引用元:JNN

顔画像やSNSは?

容疑者の情報を更に掴むべく、顔画像を調査したのですが、特定する事は出来ませんでした。

次にFacebookとツイッターを調査しましたが、同姓同名のアカウントは存在しておりませんでした。

次にインスタグラムを調査した結果、1つだけ同姓同名アカウントが存在していました。

インスタグラム検索結果

顔画像に関しては、他の情報機関で後程公開されることも多々ありますので、公開または発見次第、更新致します!

何人家族?

調査によるところ、何人家族と言う事は特定する事が出来ませんでした。

ただ、住んでる家が報道で判明しました。

そこには車も2台映っていました。

考えられる事として、まず1人で暮らしていると言う事は有り得ないでしょう。

こちらがその家です!

そしてこの家といい庭の雰囲気から親と暮らしている可能性が非常に高いように思います。

そもそも一番の理由ですが、同棲している旦那との間に子供が出来きたとなると、このような結果にはなっていなかったのではないかと思います。



死体遺棄罪とは

死体遺棄罪とは字の如く、火葬などの埋葬手続きを取らずに死亡した遺体を放置する事をいいます。

遺体と述べましたが、もちろん遺骨も同様です

この死体遺棄罪ですが、与えられる刑罰として三年以下の懲役と言われております。

ネット上の反応

このような声が世の中で上がってます。

  • 折角生まれた命なのに、望まないならなんで先に措置しなかったのか。
    こういう事件は母親がいつも逮捕されるけど、父親にも十分関わってると思います。一緒に逮捕を!

  • 育てられないなら養子に出すなりして欲しい。小さな命を消さないで。

  • DNAで父親を調べて知らせてほしい
    少なくとも父親には自分の子が亡くなったことを知る権利がある
    避妊する人が増えればこのような不幸な子供を減らせるだろう

  • たまたま子供を産むのが女性ってだけで、相手が絶対に存在する。DNA捜査できないものだろうか。女性と同等の罪を背負わせるべきだ。方的に難しいんだろうけど、いつも悪いのは女性って納得いかん。

引用元:Yahoo!ニュース

今回の事件で特に多く見受けられたコメントが母親だけでなく、父親も逮捕するべき!というコメントが多かった印象です。

皆さんはこの事件、どのように感じましたか?



まとめ

事件のポイントをまとめます!

1. 赤ちゃんの遺体を自宅の押し入れに遺棄した疑い

2. 死体遺棄の疑いで、25歳の母親を逮捕

3. 逮捕後、「子どもが死んだという認識はありません」と供述

4. 出産予定が過ぎても出産したかの確認が取れなかった事で発覚

残念な事件が発生してしまいました。

今回の事件のような小さい子の命が亡くなったというニュースを見ると、とても心が痛みます

おそらく遊びで避妊せずに出来てしまった子供なのでしょうが、同じ人間で同じ命であることには何ら変わりありませんので、しっかり自分が犯した罪を償い、しっかりと物事を考えて行動出来る大人に更生してほしい限りです。

人気記事

さいたま市大宮ビル殺害事件の金井貴美香さん事件直前不安だったことも判明!父親の切ないコメントも!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする