check_box 交通安全教室でスタントマンが車にはねられ死亡!中村佳弘さんの顔画像は?Facebookを特定! - 最近のリアルガチ

交通安全教室でスタントマンが車にはねられ死亡!中村佳弘さんの顔画像は?Facebookを特定!

中学校の交通安全教室で、スタントマンの男性が車にはねられて死亡するという事件が発生しました。

今まで全く聞いたことのない事件という事もあり、とても驚きました。

以下が調査内容です。

報道内容

12日午後2時20分頃、京都市山科区の市立勧修中のグラウンドで、交通安全教室に出演中のスタントマンのアルバイト中村佳弘さん(34)(福岡県春日市)が、事故の再現中にトラックにひかれた。中村さんは胸などを強く打ち病院に運ばれたが、約7時間後に死亡した。

京都府警山科署によると、中村さんは停車中のトラックの前を横切ってはねられる事故を再現。本来は、トラックの発進と同時にバンパーをつかんで車体の下に入り、30メートル引きずられるスタントを披露する予定だったが、誤ってバンパーから手を離し、車体で胸を打つなどしたとみられる。

 安全教室は京都市が主催し、委託を受けた東京の人材派遣会社が中村さんやトラックを運転していた男性(38)を派遣していた。安全教室には全校生徒や教職員ら約570人が参加していたが、事故後に中止された。

引用元:読売新聞




男性について

名前:中村佳弘

年齢:34歳

住所:福岡県春日市

職業:スタントマン アルバイト

恋愛:不明

顔画像やSNS

中村さんがどのような方であったのかを知りたいと思いますので、顔画像を調査しましたが、公開されておらず特定する事は出来ませんでした。

次にSNSの中で、アカウントの特定率が一番高いFacebookを調査した結果、アカウントを特定する事が出来ました。

こちらが中村さんのFacebookアカウントです!

次にインスタことインスタグラムを調査しましたが、あまりにも同姓同名のアカウント数が多過ぎて、特定する事は出来ませんでした。

こちらがインスタの検索結果です!

最後にツイッターを調査しましたが、こちらは登録してあるだけの情報がないアカウントがいくつかあるような状態でした。



事故の原因

交通安全教室でスタントマンがはねられて死亡してしまうという、前代未聞の事件が起きてしまいました。

この事故の原因はどこにあるのでしょうか。

スタントマンが何らかの原因で、手を離してしまいはねられた事が原因という事は言うまでもありませんが、元を辿っていくと、なぜここまで身体をはってやる必要があるのかという事になるのでしょう。

ここまでやらなくても、伝え方はたくさんあったかと思いますが、死亡した中村さんも覚悟を持ってこの仕事を誇りにしていた訳なので、今中村さんと話が出来るなら、俺の実力不足だったというような気もします。

今後どのようにしていけばいい?

このような事故が起きてしまったからには、やはり対策が必要です。

今でもやられていると思いますが、安全を一番に考慮した考えからいくと、人間で行う必要はなく、人形をはねるというやり方でも充分に伝わるかと思います。

スタントマンも職業ですので、今回の企画を考えた方々だけを避難するのもおかしな話になりますが、起きてしまっては遅いということを念頭に入れる必要性を感じます。

ネット上の反応

このような声が世の中で上がってます。

  • 自転車のスタントマンは分かるが、トラックのバンパーに捕まるという想定は少し無茶すぎると思う。安全協会も考えが甘い。

  • じゅ…十分すぎる教訓を教えましたね。
    もはや生徒はトラウマ対策が必要かもしれないけど。

  • 危険性を学ばせるのって凄く重要だと思う。
    ただ、スタントマンを起用したとはいえ、そこまでやる必要があるのか?
    自転車で車に轢かれる実演とかもあるけど、方法を見直した方が良いような・・・

  • 重症、との記事が更新されてしまいました。
    お亡くなりになられたとは….。
    ご冥福をお祈りいたします。

引用元:Yahoo!ニュース

ネット上では、このスタントを実施させた会社や協会に対する非難のコメントや、これ以上のない交通安全教室になったという声が多く見受けられました。



まとめ

事件のポイントをまとめます!

1. 中学校の交通安全教室で死亡事故発生

2. 34歳のスタントマンの男性がバンパーを掴んだまま引きずられる予定が手を離してしまいそのままはねられた

3. 今後の交通安全教室をどのようにしていくのかが問われる

学校の交通安全教室で、スタントマンが死亡するという予期せぬ事件でした。

スタントマンも人間ですので、絶対に失敗しないわけではないという事も今回の事件で強く感じたかと思われます。

企画する側としても、これが通常通り成功していれば、最高の歓声が鳴り響いて、とても気分よく1日を終える事が出来ていたと思われますが、これがリスクを負って実施することの恐ろしさでもあります。

同じ過ちは許されません。今は見直す時であります。

人気記事

タクシー運転手からお金を騙し取る!?驚きの手口に驚きの騙された人数とは?



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする