check_box 植田一史の顔画像は?父親の頭を踏みつけ殺害した理由とは?息子は障害者? - 最近のリアルガチ

植田一史の顔画像は?父親の頭を踏みつけ殺害した理由とは?息子は障害者?

非常に切ない親子トラブルによる事件です。

同居する73歳父親の頭を踏み付けて殺害したとして、無職で51歳の息子が逮捕されました!

皆さん無職で51歳というところに注目がいくことでしょう。

死亡するにまで至ってしまった今回の事件ですが、きっかけはとても些細な事でした。

どのような事かを注目しつつ、事件について詳しく見ていきましょう!



事件の詳細

静岡県警牧之原署は29日、同居する父親の頭を踏み付けたとして、傷害の疑いで同県牧之原市須々木、長男の無職、植田一史容疑者(51)を逮捕した。父親の団体職員、清さん(73)は、搬送先の病院で同日午後に死亡。同署は遺体を司法解剖し、死因や暴行との因果関係を調べる。

逮捕容疑は9月25日ごろ、自宅で清さんの頭を踏み付けるなどし、けがをさせた疑い。同署によると、植田容疑者らは2人暮らし。同容疑者が清さんに金を無心してトラブルになったとみられる。

牧之原市と関連のある団体で働く清さんが出勤しないことを不審に思った市職員が28日、署に通報。署員らが駆け付けると、頭に出血の痕がある清さんが布団で横になっていたという。その場にいた植田容疑者が暴行を認めたため、逮捕した。

引用元:iza

容疑者プロフィール

名前:植田一史

年齢:51歳

住所:静岡県牧之原市須々木

職業:無職

顔画像やSNSは?

今現在までに容疑者の顔画像は公開されていませんでした。

Facebookを調査した結果、漢字よりもローマ字の同姓同名アカウントの方が多かったのですが、アカウントの特定には至りませんでした。

インスタグラム等その他SNSも調査しましたが、こちらも同様アカウントの特定には至りませんでした。

顔画像に関しては後程公開されることもありますので、新たな情報が入り次第、更新致します!



息子は障害持ち?

ネット上では、この息子が障害者だと言う声が見受けられました。

たまたま知っている方ですが、息子さんは障害をお持ちです。
そこまで伝えない報道の仕方は逆にどうかと思います。
ただの無職中年とは状況が違うので…。

引用元:Yahoo!ニュース

このような情報があるのですが、本当に正しい情報なのかも定かではありませんので、この情報について新たなことが分かり次第更新致します!

容疑者となった息子との取り調べから、全てが分かると思いますので、後々公開されるように思います。

ネット上の反応

このような声が世の中で上がってます。

  • 70を超えてもなお現役で息子を支えてたんですね。
    お父様のご冥福をお祈り申し上げます。

  • 弱い子供を父が殺す事件もあるが、その逆の弱くなった親を力が強くなった子供が、殺す事件もある。どちらも悲しい話しだけど、その事件を聞く度に、自分の過去と行く道を考える。

  • 悲し過ぎる事件です。

  • 我が子に踏みつけられて亡くならなきゃいけないなんて
    何があったんだろう…。
    50代で無職、実家暮らし…。
    このような事件が増えている気がする。

  • 息子が精神障害者だと??
    マスコミは、そこを詳しく調べてから報道しないと、無意味だろ。

  • 子育てして思うけど、可愛がって育てた息子に踏みつけられている時どんな気持ちなんだろう。
    幼い頃のかわいい姿が思い出されるのかな。。。
    切ないなあ。

引用元:Yahoo!ニュース





今回の事件ですが、ネット上では色々なコメントを見受けられました。

そのコメントも息子を避難する声とともに、このように人生の幕をとじる事となった父親に対して『切ない』『悲しい』というコメントが多かったです。

皆さんはこの事件、どのように思われましたか?

まとめ

まず事件を簡単に振り返ってみます!

1. 同居する73歳父親の頭を踏み付けて殺害したとして、無職で51歳の息子を逮捕

2. 父親に振り込みを頼んでいたものの、それを怠った事が事件の原因だった

3. 男は容疑を認めている

ネット上でも息子は障害持ちとか色々な情報が飛び交っているのですが、仮に障害者だったとしても、自分を50年間差さえ続けてくれた人に暴行を加えていいのか?悪いのか?これを理解出来ないはずがありません。

まず暴行を加えて殺害出来るほどの身体能力があることから身体に異常が無いことが分かりますし、容疑も淡々と認めてることから責任能力があることも分かります。

今までやってもらった事に対しての償いはどれだけ頑張ったとしても返せないでしょうが、死ぬ気で償ってもらいたい限りです。

本当に悲しく切ない事件です。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする