check_box わいせつ罪で逮捕の木村貴志の顔画像やSNSは?なぜやってしまった?余罪は? - 最近のリアルガチ

わいせつ罪で逮捕の木村貴志の顔画像やSNSは?なぜやってしまった?余罪は?

はたまたわいせつ事件です!

女子大生の下半身を触るなどしたとして、40代の男が逮捕されました。

〈調査内容〉

  • なぜやってしまうのか
  • このような犯罪する人ってどんな人?
  • 容疑者について

この辺りについて調査しました!



 事件の詳細


女性の下半身を触るなどのわいせつな行為をしたとして、神奈川県警大和署は22日、強制わいせつの容疑で、同県大和市中央林間の会社員、木村貴志容疑者(41)を逮捕した。容疑を認めている。

逮捕容疑は5月18日午後11時50分ごろ、同市内の住宅街の路上で、帰宅途中だった市内に住む大学3年の女子学生(20)の背後から抱きつき、下半身を触ったとしている。取り調べに対して、木村容疑者は「若い女性にわいせつな行為をしたことは間違いない」などと容疑を認めている。防犯カメラの映像から木村容疑者が浮上した。

同署によると、木村容疑者は犯行直前まで自動車を運転していた。車を使って女性を物色していたかについては、同署が今後、調べを進めるという。

市内では今年に入り、背後から女性が男に抱きつかれるわいせつ事件が5件ほど発生しており、同署は木村容疑者の関与も含めて捜査する方針。

引用元:産経ニュース

 容疑者プロフィール


名前:木村貴志

年齢:41歳

住所:神奈川県大和市中央林間

職業:会社員




 容疑者の顔画像やSNSは?


今現在までに、容疑者の顔画像は公開されていませんでした。

Facebookを調査した結果、複数の同姓同名のアカウントは存在していたのですが、その中から特定するには至りませんでした。

Twitter等のその他SNSも調査しましたが、こちらも同様の結果でした。

また新たな情報が入り次第、更新します!

なぜやってしまうのか


ごく普通の一般人なら理解出来ない事なのですが、このような犯罪を犯す人間は、見た目もヤバイのか?と言う事を調査したのですが、

A:全く関係無い!!

と言うことが分かりました。実際このような犯行を犯す輩は、有名な大学を出てエリート街道を突っ走ってきた人間に多かったりする傾向があることも判明しました!今回の容疑者もエリートかは分かっていませんが、犯罪者に多い無職では無く会社員でしたね!

そのような事から、衝動的に動くのではなく綿密に計画を練って行う事が多いと言うことです。今回の容疑者も、犯罪を犯す直前には車に乗っていたと言う情報があります。

結果的にそれが楽しく、ゲーム感覚でやっていると言うことが分かりました。

イメージ的に、わいせつ事件と言えば突発的にムラムラしてやってしまったと言うイメージがありますが、このように性的興奮で犯すだけがわいせつ事件では無いようです。



 ネット上の反応


このような声が世の中で上がってます。

  • 刑務所に一生いれてほしいと願う女性は多いと思う。

  • 防犯カメラって本当に必要だな
    もっと街中に設置してほしいよ

  • 懲戒解雇なりますね。お疲れ様です。

  • 何件もやってそうだね
    被害者随分居たと思うと
    胸が苦しくなります
    犯人にはチップ埋め込むと言うような
    欧米のやり方も必要かと思う
    再犯率高いしね

  • こんなに多いのに
    なんでその場面見たことないんだろ

  • 同市内に住み始めて四年くらい経つけど、あんま治安良くないなって住み始めた頃から思ってました。
    娘が年頃になった時、心配だな。
    送り迎え必須な世の中になりそう。

引用元:Yahoo!ニュース

今回の事件ですが、ネット上では容疑者に対する非難の声が集中しました!まあ、これは当然の事ですね!

その中でも、「防犯カメラの大切さ」や「横浜市内の治安の悪さ」についてのコメントが数多く見受けられました!

皆様は、今回の事件についてどう感じたでしょうか。

 最後に


相変わらずわいせつ事件は絶えませんね。

なんでこんな事するんでしょうかね、ほんと理解出来ません。

まだまだ猛暑の日々が続いていますが、そろそろ8月も終わり寒くなりだす頃には、このような事件が減りますかね。

ただこれから寒くなるにつれて、日が落ちるのが早くなるので、そこはまた注意すべきポイントになってきますね。

女性の方々は、夜道に充分気をつけて欲しいです。

近辺で同様な事件が5件くらい発生していることから余罪も調査されている容疑者ですが、また新たな情報が入り次第、更新したいと思います!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする